公演予定

Schedule

五月本公演
5月4日(火)最終日終了

五月本公演 最終日ライブ配信終了
本年の本公演全日程の無観客・ライブ配信が終了しました
えんま庁舞台イメージ
ライブ配信のみの本公演4日目の最終日も天候に恵まれ、無事全ての公演を行う事が出来ました。
最終日は昼5演目・夜4演目の合計9演目を上演させていただきました。
緊急事態宣言が発出されたため、残念ながら無観客とし、YouTubeでのライブ配信のみとなってしまいましたが、毎年公演を見にきてくださっている方はもちろん、普段ご覧いただけないような遠方の方にも楽しんでいただけたり、ゑんま堂狂言を初めてご覧頂く方など、たくさんの方々にご視聴いただけました。
また、チャットには「鬼と亡者、二人の演者のかけあいが素晴らしい!」、「20歳の社会人ですが、小学生の頃からこのえんま堂狂言見てます!大好きです!」、「​千人切りのこの空気が大好きです!」、「4日間、楽しませて頂きました。ありがとうございました。」など、最後まで嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
休憩時間DJイメージ
ライブ配信の休憩時間にはコメントに対する返事・解説などもさせていただき、公演がいっそう盛り上がりました。
いただいた貴重なご意見は、保存会の今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました!

挨拶イメージ
初舞台を踏む子供達や、一生懸命練習してきた初挑戦の役を演じきった若手、ベテランの安定感抜群の味のある演技など、観れば観るほど、知れば知るほど、見所たくさん、何度観ても面白いゑんま堂狂言です。
重ね重ね、本年のライブ配信、ご視聴、コメントいただき誠にありがとうございました!
来年令和4年の本公演は、観客の皆様に是非ゑんま堂にご来場頂いて生の舞台をご覧いただける事を保存会員一同祈っております。

ここに載せている画像は会員がスマホで撮影したもので画質が良くなく恐縮ですが、今回の公演も例年のように三人のカメラマンに撮影をしていただいています。公演後にアルバムを作成いたしますので、またごゆっくりと鑑賞いただけましたら幸いです。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間4日間の全日程を6つの動画にてYouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」でアーカイブ配信させて頂きます。
是非ごゆっくりご視聴ください。

五月本公演
5月3日(月)3日目終了

五月本公演 3日目ライブ配信終了
本年の本公演3日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
でんでん虫舞台イメージ
ライブ配信のみの本公演3日目は天候にも恵まれ、日中は暑いぐらいの気温の中、気持ちよく公演を行う事が出来ました。
3日目は昼・夜各5演目、合計10演目を上演させていただきました。
YouTubeのチャットに「こんな豪華なプログラムが自宅に居ながら楽しめるとは」、「配信で観せていただくのも楽しいです。細かい動きや、別アングルから見られたり、生で見るのとは違う楽しみです」、「伝統の深みを感じさせながら、それでいて堅苦しくないストーリー展開は、これぞ庶民芸術の粋と言うべきでしょうか」など、嬉しいお言葉をたくさん頂戴しました。
寺ゆずり舞台イメージ
どのようなコメントも会員の大変な励み、今後の活動の参考になります。率直なご意見をお気軽にお寄せください。

このような状況下、『舌切雀』では子供達もたくさん集まって可愛い雀役を努めてくれました。
舌切雀舞台イメージ
初舞台となった会員の息子さんも驚くほど立派な演技を披露してくれました。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月4日最終日も午後1時と午後6時の昼・夜2部構成の配信を予定しております。最終演目『千人切り』は唯一面を付けずに素顔の演者をご覧頂ける演目です。
是非最後までご視聴ください。

五月本公演
5月2日(日)2日目終了

五月本公演 2日目ライブ配信終了
本年の本公演2日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
ライブ配信のみの本公演も2日目。
2日目は『靭猿』『芋汁』『雷』『悪太郎』の4演目を上演させていただきました。
YouTubeのチャットでは「小猿ちゃん、動きがかわいかったです!」、「猿さんには敵いませんね笑」、「可愛いですねぇ」など、『靭猿』の猿役の可愛さにやられた方が多数おられました。
靱猿舞台イメージ
YouTube配信中のチャットも会員が全て目を通しております。
また、質問などをいただきました場合も、可能な限りライブ中に返信させていただきたいと思います。是非チャットやコメントにメッセージください!お褒めのお言葉、お叱りのお言葉、どのような内容でも大変な励みとなります。
チャット以外にも「ゑんま堂狂言の面白さをまた味わいました」「演者の出だしの音声が少し聞き取りにくかったのが残念でした」と嬉しいお言葉や今後の参考になるご意見等々たくさん頂きました。ありがとうございます。
公演も配信も、昨日よりも今日、今日よりも明日、とより良いものを皆様にお届けできますよう精進してまいります。
ご忌憚のないご意見を是非お寄せください。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月3日は午後1時と午後6時の2部構成の配信を予定しております。是非ご視聴ください。

五月本公演
5月1日(土)初日終了

五月本公演 1日目ライブ配信無事終了
本年の本公演1日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
京都府の緊急事態宣言発出を受けて、ライブ配信のみとなりました本年の本公演。
与平狐舞台イメージ
観客の方々のおられない舞台は笑い声や拍手も起こる事がありません。
それは開催側としてやはり非常にさびしく、演じにくいものがあります。
しかし、画面を通してご覧いただいている皆様の事を想い、保存会一同全力を尽くして1日目の開催を無事終える事が出来ました。
初日は『えんま庁』『与平狐』『神崎渡し』『土蜘蛛』の 4演目を上演させていただきました。
ライブ配信をご覧いただいた方からは「細かい動きが見られたり、別アングルから見られたり、配信もすごい楽しかった」、「画質、音量共に最高です」、「色んな角度から撮ってて面白かったです」等々、嬉しいお言葉をたくさん頂きました。ありがとうございます。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月2日も午後7時より配信を開始致します。是非ご視聴ください。

五月本公演
5月1日(土)〜4日(火)

五月本公演 無観客・ライブ配信のみにて開催予定に変更
京都府の緊急事態宣言発出を受け、本年の本公演は無観客・ライブ配信のみにて開催予定です。
コロナ対策イメージ
会 場  千本ゑんま堂境内 仮設舞台
日 時  令和3年5月1日(土)〜
     4日(火)
     【雨天決行】
開 演  5/1 夜の部:午後7時〜
     5/2 夜の部:午後7時〜
     5/3 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
     5/4 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
※京都府の緊急事態宣言が発出されたため、本年の五月本公演は当初の予定を変更し、残念ながら無観客とさせて頂きますので、当日ゑんま堂までお越し頂きましても公演は見られません。何卒ご了承下さい。

本公演は 全日・全演目を、YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」より生配信させて頂く予定です。
スマートフォン、タブレット、パソコン、YouTubeをご覧いただけるスマートテレビやFire TV stickなどの動画サービス、ゲーム機などからYouTubeにお入り頂き「えんま堂狂言保存会」と検索してください。
5月1日午後7時より配信を開始致します。
画面上から、困難な状況下でも練習を積んできた保存会員を応援して頂けると嬉しいです。
滞りなく開催できます様、ご理解とご協力をお願い致します。

令和三年(2021年)
ゑんま堂狂言五月本公演 番組予定
5/1
(土)
夜の部
19:00〜
えんま庁
与平狐
神崎渡し
土蜘蛛
5/2
(日)
夜の部
19:00〜
靭猿
芋汁
悪太郎
5/3
(月・祝)
昼の部
13:00〜
木の本地蔵
二人大名
末廣
でんでん虫
炮烙割り
夜の部
18:00〜
寺ゆずり
伯母ヶ酒
いろは
舌切雀
紅葉狩り
5/4
(火・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
花盗人
船弁慶
福釣り
にせ地蔵
夜の部
18:00〜
牡丹獅子
鬼の念佛
道成寺
千人切り

『京の三大念佛狂言〜壬生・嵯峨・千本ゑんま堂』
開催決定!!

KYOTO伝統芸能フェスティバル2021
京都市右京ふれあい文化会館20周年記念事業
『京の三大念佛狂言〜壬生・嵯峨・千本ゑんま堂〜』が開催決定!

チケット好評発売中!

京都市右京ふれあい文化会館のホールにて、京都の三大念佛狂言が共演します。
京都で古くから親しまれ、京都の三大念佛狂言と呼ばれている、壬生寺の『壬生大念佛狂言』、 清涼寺の『嵯峨大念佛狂言』、 そして、千本ゑんま堂こと引接寺の『千本ゑんま堂大念佛狂言』、その三つの大念佛狂言を一度にお楽しみいただけるチャンスです!
花盗人イメージ
それぞれの公演を観る機会はあっても、一度に観られる機会はなかなかないものです。有料公演となりますが、この機会にぜひ観ていただきたいと思います。

日 時:令和3年6月20日(日) 午後1時開演
会 場:京都市右京ふれあい文化会館ホール
入場料:1,000円〔自由席〕
【公演の各演目】
●壬生大念佛狂言
『賽の河原』
●嵯峨大念佛狂言
『釈迦如来』
●千本ゑんま堂大念佛狂言
『花盗人』

【講演】
●佛教大学歴史学部教授 八木 透氏による講演「京の大念仏狂言」もお楽しみいただけます!

現在予定の座席数は、定員196名となります。
※コロナ禍における感染予防対策を、京都市のガイドラインに併せています。今後の感染状況などにより、定員は変更する可能性もあります。ご了承下さい。

チケットは以下の場所で好評発売中です。
※引接寺(ゑんま堂)では、チケットの取り扱いはしていませんので、ご注意下さい。お問い合わせもご遠慮下さい。

チケットのお問い合わせ・お買い求め
京都市右京ふれあい文化会館窓口
075-822-3349
9:00〜17:00
火曜日休館(休日の場合は翌平日)

京都コンサートホール
075-711-3231
10:00〜17:00
第1・第3月曜日休館(休日の場合は翌平日)

ロームシアター京都
075-746-3201
10:00〜19:00
年中無休(臨時休館の場合を除く)

京の三大狂言フライヤーイメージ
◎3月19日(金)〜 巡回パネル展『京の三大念佛狂言パネル展』を京都市右京ふれあい文化会館ロビーにて開催しています。併せてご覧下さい!

佛大逍遥Ⅶ
―民俗学の資料を紐解く―
展示協力のご案内

佛教大学宗教文化ミュージアムにて開催される冬期企画展「佛大逍遥Ⅶ―民俗学の資料を紐解く―」に、当保存会の資料も展示されることとなりました!
冬期企画展フライヤーイメージ
佛教大学史に焦点を当てる企画展「佛大逍遥」シリーズの第七弾。
民俗学者の竹田聴洲さんが、昭和30年代に民俗芸能の映像や音声を記録撮影されており、その貴重なモノクロ8ミリフィルムや音声テープなどが宗教文化ミュージアムで保管されていますが、経年による劣化をふまえ、近年デジタル化を進めておられます。
今回の企画展では、デジタル化された映像やその関連資料を含めて展示され、先学の資料を紐解きながら、民俗学研究の魅力と奥深さを堪能出来る企画となっているようです。

佛教大学宗教文化ミュージアムには、他にも民俗学に関わる資料が多く寄託されています。狂言や六斎念仏、祇園祭などなど…。

そして、今回の企画展に向けて当千本ゑんま堂大念佛狂言保存会からも、いくつかの資料や衣装、面などを提供させていただき、展示していただいております。
ご興味のある方は、ぜひ一度足をお運びください。

企画展の開催概要や、ご入館に際しての諸注意など、詳しくは
佛教大学宗教文化ミュージアムの企画展案内サイトにて、ご確認をお願い致します。

開催期間:2021年2月13日(土)~3月19日(金)10時~17時30分(入館は17時まで)
     入館無料、日曜日・祝日休館
     ※2月23日(火・祝)も休館
     (第45回シアター公演・学術シンポジウムの開催を中止したため)
会  場:佛教大学宗教文化ミュージアム

展示作業イメージ
▲ゑんま堂狂言固有演目の古面を展示させていただいてます。※画像は与平狐

展示作業イメージ
▲えんまさんの着付けはみんなで頑張りました!

展示作業イメージ
▲最終仕上げ!ショーケースに入って衣装や冠の微調整中です。

展示作業イメージ
▲牡丹獅子展示コーナーはリアルな獅子目指してみました!

令和3年節分会YouTubeライブ配信終了のお知らせ

はちまんじごくへおってうしょう〜!
令和3年2月2日、節分会狂言奉納は無事終了致しました。
ニュースで流れていましたが、2月2日の節分は124年ぶりだとか!

そして、予告通りにYouTubeでのライブ配信を行いました。みなさんお楽しみいただけたでしょうか?
youtube配信イメージ画像
動画はアーカイブとして保存しておりますので、お見逃しの方も以下のチャンネルでぜひご覧ください!
■千本ゑんま堂狂言YouTubeチャンネル
【生配信】千本ゑんま堂狂言 節分奉納公演「鬼の念佛」

令和3年節分会YouTubeライブ配信日程決定のお知らせ

令和3年2月2日(火)午後8時~
節分奉納狂言会YouTubeライブ配信決定!

今年の千本ゑんま堂節分会は規模を縮小して行われる予定で、恒例の福豆まきは中止となりました。
奉納狂言会についても、無観客でライブ配信する事になりました。
緊急事態宣言下のため、残念ながら当日のお客様の観覧・参加は出来ません。何卒ご理解下さい。
鬼の念佛イメージ画像
ライブ配信する演目は先にお伝えしていた通り鬼の念佛の一演目のみとなります。
ご自宅の暖かい場所からゆっくり狂言を楽しんで頂ければと思っております。
■千本ゑんま堂狂言YouTubeチャンネル
令和3年2月2日(火)午後8時~〔今年に限り立春が2月3日のため、節分は2日になります〕鬼の念佛をライブ配信致します。
以下のリンクからご覧頂ける予定です。
「令和3年ゑんま堂狂言節分奉納狂言会」
アーカイブも公開予定していますので、当日お見逃しの方も是非ご覧ください。

令和3年節分会のお知らせ

今年の節分会は
YouTubeライブ配信にてお楽しみ下さい!

例年通り、ゑんま堂本堂内での狂言奉納は行いますが、残念ながら一般客の観覧はお断り致します。コロナ禍においての密を避ける為、今年は無観客YouTubeライブ配信で行うことに致しました(YouTubeのチャンネル、スケジュールなどは追って掲載いたします)。何卒ご了承下さい。
上演演目は鬼の念佛の一演目になります。
保存会と致しましても、お客様がおられないところでの上演はとても淋しい限りです。
それでも、ご自宅でゆっくり鑑賞を楽しんでいただければと思っております。
鬼の念佛イメージ
『福は〜うち〜 鬼も〜うち〜』
恒例のクジ付き福豆まきはできませんが、皆様のご多幸をお祈りしながら、狂言を奉納させていただきます!

【 伝統芸能功労者表彰 】

当保存会副会長が京都市伝統芸能功労者として表彰されます
来る令和3年1月28日に、千本ゑんま堂大念佛狂言保存会会員である藤井 洋(ふじい ひろし)が、長きに渡り、千本ゑんま堂狂言保存会において、自らの演技向上に努め、後継者育成などの貢献を続けた事に対し、京都市および京都市文化観光資源保護財団より、京都市伝統芸能功労者として表彰されますことをお知らせ致します。
(当保存会は、保存会団体で活動しておりますので、通常は個人会員名での紹介を控えておりますが、慶び事のため紹介させて頂きます)

藤井 洋 ● 藤井 洋のプロフィール
昭和39年2月12日 京都に生まれる
京都市在住 56歳
平成8年 保存会入会

紅葉狩りの神勅役で得意の謡を長年披露。
大きな体格を生かした花盗人 靱猿 牡丹獅子などの大名役を任されることが多く、マイクが不要なほどの声量と美声、聞き取りやすい発声に加え、抑揚のある言い回しで道成寺の師匠坊役などでも活躍中。
平成31年度より、当保存会副会長に着任、保存会の活動に積極的に参加し、更なる尽力を続けています。

神勅役イメージ

満員御礼!
京都国立博物館 新春イベント
新春大念佛狂言出演終了

京都国立博物館での新春イベント出演終了しました!
新年あけましておめでとうございます!今年もゑんま堂狂言をよろしくお願い致します!!
年明け一番、初笑いを無事お届けする事が出来ました!
寺ゆずりイメージ
コロナ禍で、ソーシャルディスタンス確保、マスク着用、アルコール消毒とお客様にもご協力頂いての開催となりましたが、整理券配布時間には、たくさんのお客様が来館され、整理券はあっという間になくなりました。
寺ゆずりイメージ
「こんな状況で、開催していただけて嬉しかったです。ありがとうございます。」と、お客様からの声もありました。
寺ゆずりイメージ
みなさんに安心して大声で笑っていただける日が、一日も早く戻りますように。
寺ゆずりイメージ

京都国立博物館 新春イベント
新春大念佛狂言

京都国立博物館で毎年開催される、新春イベントへの出演が決定!
令和3年スタートを飾る公演のお知らせです。
京都国立博物館で毎年開催される、新春イベントへの出演が決定しました!
座席数の制限や消毒、マスク着用などのご協力お願いを致しますが、ぜひ楽しい時間をお過ごしいただければと思います。
この公演を皮切りに明るい年明けを迎え、良い一年になるようにいろいろなイベントが動き始めています。ご期待ください。

新春大念佛狂言
場 所:京都国立博物館 平成知新館 講堂
日 時:2021年1月10日(日)
    11:00~12:00、14:00~15:00
    (2回公演・開場は各回30分前から)
演 目:寺ゆずり(演目は各回共通)
参加費:無料(当日の観覧券等が必要)

詳細は、以下の京都国立博物館の新春イベントサイトをご覧下さい。
「京博の新春イベント2021」

寺ゆずりイメージ

京の三大念佛狂言 パネル展
2020年11月5日(木)よりスタートしています

京都三大狂言の魅力を伝えるパネル展示にて千本ゑんま堂狂言も紹介されております
今まで自粛していた催しが少しずつ動き出しています。
そのひとつが「京の三大念佛狂言 パネル展」。
京都の三大(壬生・嵯峨・千本ゑんま堂)念佛狂言の魅力を伝えるパネル展示で、ゑんま堂狂言も紹介されています。
今年(令和2年)は11月5日のゼスト御池をスタートに、右京区総合庁舎、来年(令和3年)は京都佛教大学宗教文化ミュージアム、右京ふれあい文化会館へとリレー展示されます。

【ゼスト御池 寺町広場】
期間:2020年11月5日(木)~2020年11月20日(金)

【サンサ右京(右京総合庁舎)1階区民ロビー】
期間:2020年11月21日(土)~2020年12月14日(月)

【京都市右京ふれあい文化会館ロビー】
期間:2021年3月19日(金)~

このイベントは来年(令和3年)6月の『三大狂言共演舞台』へと繫がって行く予定です。
※『三大狂言共演舞台』公演の詳細は後日発表予定です。決定次第当Webサイトでもご案内の予定です。

パネル展会場イメージ
パネル展は無料ですので、お買い物のついでなどにぜひお立ち寄り下さい。
パネル展フライヤーイメージ

秋の奉納公演
開催終了

「秋の奉納公演」無事開催終了
コロナ感染防止対策万全で臨みました令和2年11月3日の「ゑんま堂狂言 秋の奉納公演」。
奉納イメージ
入場時の検温や手指消毒、3密を避けた着席でのご観覧等にご協力頂きました現地にお越し頂いたお客様、ライブ配信視聴にご協力頂きましたお客様、どちらもありがとうございました。
木の本地蔵イメージ
本公演に比べ簡素な設備ながら、内容は大変密だったと好評をいただきました。
土蜘蛛イメージ
初めての試みでしたライブ配信も、7時間あまりの11演目全てをお伝えする事ができました。
胴上げシーン
お陰様で無事催しを終える事ができました、お礼申し上げます。

秋の奉納公演
ライブ配信決定!

「秋の奉納公演」YouTubeにてライブ配信
公演当日、リアルタイムでライブ配信ができないかと準備してきましたが、なんとか実施できる見通しが立ちました。
練習時に一週間ほど、配信テストを繰り返してきました。
テスト段階では画質が悪いながらも配信には成功したとはいえ、不慣れなスタッフにて作業を行っており、3日の公演当日の本番はトラブル等でご迷惑をおかけするかもしれません。
ご覧いただく予定の方はご理解をお願いします。
11月3日はなるべく「YouTubeライブ配信」でゑんま堂狂言をお楽しみ頂きますよう案内させて頂きます。
以下のリンクからご覧頂ける予定です。
「令和2年ゑんま堂狂言秋公演」
閻魔庁イメージ
また、観覧予定人数等詳細が決定いたしましたので、以下のご案内内容を若干変更しております。
最新情報をご確認ください。

秋の奉納公演
11月3日(火)文化の日【1日のみ 雨天決行】

延期の本公演を「秋の奉納公演」として開催
コロナ禍のため延期となっていました本公演は「秋の奉納公演」として開催させて頂く予定です。
ほうらく割りイメージ
日 時  令和2年11月3日(火)文化の日
     【1日のみ 雨天決行】
     昼の部:午後1時〜
     夜の部:午後6時〜
会 場  千本ゑんま堂境内 仮設舞台
演 目  『閻魔庁』『ほうらく割り』『千人切り』等の祈願行事演目を中心に演じる予定です。
■当日の入場について
※消毒液をご用意いたします。手洗いの徹底とともに消毒液のご利用をお願いします。
※受付時に検温を実施させていただきます。
(発熱のある方のご入場はお断りする場合があります)。
※受付にて氏名と電話番号(万一の場合の連絡先)の記入をお願いします。
※境内ではマスク着用をお願いします。
※見学席は間隔をとって設置しますので、移動されない様にお願いします。
(座席数は昼公演・夜公演とも各50席限定・立ち見お断りとさせていただきます)
※混雑状況や開催者の指示に従っていただけない場合等、ご入場をお断りする場合があります。
祈願イメージ
なお、発表会当日の様子を上記の通りYouTubeにてライブ配信させて頂く予定です。
滞りなく開催できます様、ご理解とご協力をお願いします。

本公演延期のお知らせ

秋に延期を決定
2020年5月1日から4日まで予定をしていました「千本ゑんま堂狂言 本公演」は、新型コロナウイルス感染の広がりに伴い、安全を考慮し、秋に延期させて頂きます。
舞台イメージ
今後の状況により検討・判断し、日程などの詳細は10月頃に発表させて頂く予定です。
ご理解とご了承頂きます様、よろしくお願い致します。

「全員狂言」を目標に
4月1日新体制発足!

新しく役員が決まりました。
千本ゑんま堂狂言保存会は、2019年の総会において、以下の通り新役員10名が決まりましたので報告致します。
新役員について
新体制となりましても変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和2年 節分奉納狂言会
2月3日(月)開催終了しました

今年も千本ゑんま堂節分会で狂言を奉納しました。
鬼の念佛イメージ
今年はコロナウイルス発症の影響と、平日夜の公演のため、お客様のお越しを心配しましたが、多くのお客様に早くから並んでいただき、満員御礼の本堂は大変盛り上がりました。
節分にちなんで鬼の登場する演目『鬼の念佛』と『寺ゆずり』の2演目を上演。
寺ゆずりイメージ
2演目共、大きな声で笑っていただき、鬼の念佛では囃す場面でお客様からの手拍子もいただき、例年以上に盛り上がりました。
豆まきイメージ
豆まきも大きな混乱もなく楽しんで頂けました。今年の福をいっぱい持って帰って頂けた様に思います。

八幡公演 第16回 狂言へのいざない
11月23日(土・祝)開催しました

【狂言へのいざない】
11月23日、八幡市生涯学習センターでの毎年恒例の出張公演。
16年目となる今年は縁起の良い2演目『にせ地蔵』と『福釣り』を演じさせていただきました。
にせ地蔵イメージ
福釣りイメージ
例年通りの佛教大学の八木 透先生の楽しくてためになる解説、
演者との質疑応答、お客様に狂言を体験していただくコーナーなど、さまざまな企画も行いました。
挨拶イメージ
満席のお客様も、大いに笑い、楽しんで頂けたのではないでしょうか。

京都信用金庫 西陣支店様主催
「秋の西陣祭」を11月9日(土)開催しました

【お練りしました】
秋晴れの11月9日、ゑんま堂狂言は千本鞍馬口南の千本ゑんま堂から千本今出川までお練りをして歩きました。
お練りイメージ01
千本今出川の京都信用金庫 西陣支店での「西陣祭り」の演目『』と『舌切雀』に出演に衣装を着けた保存会員が、お囃子と共に練り歩きました。
お練りイメージ02
お祭りの雰囲気に、沿道のお店や通行する車の中からイッパイ声援を頂き、たくさんのカメラマンに追いかけられながら、初体験のお練りを楽しませて頂きました。
お練りイメージ03
演者から「面を付けて歩くと見えなくて怖い」との初の感想に今後の課題も持ちつつ、全体に楽しい雰囲気の中で過ごさせて頂きました。
西陣祭り会場に着くとすぐ、早くからお待ちの大勢のお客様に狂言をご覧いただきました。
京信公演舌切り雀イメージ
楽しい秋の一日を、お越し頂いたお客様とお力添え頂いた京都信用金庫 西陣支店の皆さまのお陰様で、楽しく過ごさせていただきました。
大変お世話になりありがとうございました。

ゑんま堂狂言学習会主催
「狂言親子教室発表会」11月2日(土)開催終了

今年春から月一回、保存会が指導をしてきた「ゑんま堂狂言親子教室」の発表会が11月2日(土)に催されました。
狂言親子教室発表会の様子1
衣装に着替えた子供たちが、演目『いろは』を演じ、お囃子を奏でてくれました。
狂言親子教室発表会の様子1
半年という短い学習期間でしたが、10数名の子供がそれぞれにお囃子班と演者班に分かれて練習し、成長した結果を発表してくれました。
この発表会をひとつのきっかけとして、これからもゑんま堂狂言が幅広い世代に引き継がれていく事を願っています。

ゑんま堂狂言秋の公演【今年も大津で】
10月13日開催終了しました

台風一過の快晴のもと、大津市伝統芸能会館で「ゑんま堂狂言大津公演」を催しました。
大津公演木の本地蔵
台風の影響で朝まで交通機関が止まっていたため、無事お客様が来られるか心配しましたが、昨年同様100名以上のお客様にお越し頂き、舞台を務める事ができました。
今年は嵯峨狂言さんをゲストにお迎えし、ふたつの土蜘蛛を競演させて頂きました。
大津公演嵯峨土蜘蛛1
嵯峨狂言の土蜘蛛▲▼
大津公演嵯峨土蜘蛛2

大津公演えんま堂土蜘蛛1
ゑんま堂狂言の土蜘蛛▲▼
大津公演えんま堂土蜘蛛2
お陰様で「無言と有言の違いが分かって面白かった。」など数々のご意見を頂きました。
お越し頂きました皆さま、ありがとうございました。

当日は45名のお客様からアンケートに回答をいただきました、ありがとうございました。
内容の一部を紹介させていただきます。
アンケート結果
いただきましたご意見を参考に、より一層皆様にお楽しみいただける企画を考えていきます。2020年度の秋の大津公演をお楽しみに。

過去の公演

京都信用金庫西陣支店
夏の催しに出演

8月3日(土)午後より、この春リニューアルオープンされた京都信用金庫西陣支店の夏の催しに出演させて頂く事になりました
京都信用金庫西陣支店外観
内容は
13:00~ 嵯峨子供狂言『橋弁慶
13:45~ 狂言解説(嵯峨 加納事務長)
14:30~ ゑんま堂狂言『いろは
14:50~ ゑんま堂狂言『でんでん虫
となっています。
会場はゑんま堂のすぐ近く、京都信用金庫西陣支店(京都市上京区千本今出川上る)です。
新しい建物の2階のホールで、嵯峨狂言の子供たちと一緒に演じさせて頂きます。
入場は無料です。
夏の狂言をお楽しみ下さい、多くのお越しをお待ちしています。

五月本公演イメージ

五月本公演

5月1日(水)

夜の部:PM7:00〜

5月2日(木)

新元号特別記念公演
昼の部
PM1:00〜

夜の部:PM6:00〜

5月3日(金)

昼の部:PM1:00〜
夜の部:PM6:00〜

5月4日(土)

昼の部:PM1:00〜
夜の部:PM6:00〜

観覧無料

全日程終了しました!
令和元年の千本ゑんま堂狂言

令和初のゑんま堂狂言本公演無事終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。
大塚カメラマンから「4日目速報画像アルバム」が届きました。
今年のゑんま堂狂言も最終日を迎えました。
連日お天気にも恵まれ、たくさんのお客様に来ていただけました。
最終日も10演目、たっぷり笑って楽しんでください!
最終演目はカラス役以外の演者全員が面を付けないで演じる『千人切り』です。
子供から大人、女性まで保存会員ほぼ全員が舞台に上がり「一発芸」的なネタを披露。演者それぞれのお笑いを楽しんでいただけます。最後までご覧いただくことをオススメします。
日中は暑く、夜間は冷え込むことが予想されます。くれぐれも体調管理をなさってご鑑賞ください。(2019年5月4日 記)

大塚カメラマンから「3日目速報画像アルバム」が届きました。
今年の本公演2日目は話題い~っぱいの一日でした。
今年限定の昼公演は、各演目のいろんな所に新元号の「令和」が登場するお祝い公演。
親子狂言学習会の子供さんも参加した『舌切雀』。
そして、新しい顔出しパネルが登場しました。
鬼の念佛顔出しパネル
今回は「鬼の念佛」パネル。
保存会メンバーのひとりの力作です。
狂言鑑賞記念に、イイ顔の一枚を撮ってくださいね。(2019年5月3日 記)

大塚カメラマンから「2日目速報画像アルバム」が届きました。
初日の5月1日夜公演は、少し寒かったにもかかわらず、座席はほぼ満席のお客様にご覧いただき、復活演目『木の本地蔵(きのもとじぞう)』ほか全4演目を楽しんでいただきました。(2019年5月2日 記)
大塚カメラマンから「速報画像アルバム」が届きました。
時代は令和となりました。その初日に公演を迎えられることを保存会一同うれしく、また同時に身の引き締まる思いです。
5月1日は午後7時から、2日〜4日までは午後1時からと6時からの7公演あります。
今年の話題のひとつめは、『木の本地蔵(きのもとじぞう)』復活。落語などでおなじみの三方一両損をテーマにした演目です。使用する地蔵頭巾や小判の準備もできました。古い台本を元に今年復活しました。1日と3日の夜に公演します。
ふたつめの話題は「新元号 令和記念公演」。例年、5月2日は夜の公演だけでしたが、令和を記念して昼公演を追加といたします。…ということで、2日は今年だけ午後1時からと6時からの公演になります。昼公演では上演中、色んなところに「令和」が登場します。
公演期間の4日間ともお天気が良さそうでひと安心です。
たくさんのお越しをお待ちしています。

※当日は駐車スペースはございません。公共交通機関をご利用ください。
ゑんま堂へのアクセスはこちら >

注意事項

■雨天決行(小雨野外決行、荒天時は本堂にて開催・現場で対応発表します)

■座席数は300席ほどご用意いたしております(満席の場合は立ち見となります)

  • ●天変地異や出演者の体調等の都合により出演者および観客の安全を最優先とし、スケジュールは予告無く変更になる可能性がございます。
  • ●公演時の写真撮影・録画・録音はご自由に行えますが、フラッシュを使用しての撮影、スマホを頭上にあげての撮影等、他の観覧者の妨げになる行為等の迷惑行為はご遠慮ください。
  • ●公演は長時間に渡って行われます。寒暖の差や天候の影響その他による体調不良にはお気をつけください(水分補給等、体調管理はご自身で行っていただけますようお願いいたします)。
  • ●会場内でのスマホや携帯電話での通話はご遠慮ください。
  • ●会場内にて発生した盗難、ならびにご本人または第三者の不注意等による事故、その他の物的および人的事故等については、理由の如何を問わず、当保存会は一切の責を負いません。
  • ●会場内にて、公演に支障をきたす行為、他のお客様に迷惑をかけるような行為、または違法行為と当保存会(出演者含みます)が判断した場合は、ご観覧をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。
  • ●出演者、演目や内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
  • ●当保存会またはメディア取材による記録・広報等のため、講演中の写真撮影・録画・録音・オンライン配信等を行う場合がございますので、予めご了承ください。

令和元年(2019年)
ゑんま堂狂言五月本公演 番組予定
5/1
(水・祝)
夜の部
19:00〜
えんま庁
神崎渡し
本年復活演目
木の本地蔵
土蜘蛛
5/2
(木・祝)
新元号
〈令和〉
特別記念公演
昼の部
13:00〜
えんま庁
舌切雀
でんでん虫
いろは
鬼の念佛
与平狐
夜の部
18:00〜
花盗人
寺ゆずり
悪太郎
船弁慶
5/3
(金・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
二人大名
伯母ヶ酒
神崎渡し
福釣り
土蜘蛛
夜の部
18:00〜
芋汁
靭猿
いろは
本年復活演目
木の本地蔵
炮烙割り
5/4
(土・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
舌切雀
伯母ヶ酒
末廣
にせ地蔵
紅葉狩り
夜の部
18:00〜
二人大名
牡丹獅子
道成寺
千人切り

あなたの声を
お聞かせください!

ゑんま堂狂言本公演では毎年、今後のゑんま堂狂言公演の運営と内容の改善のご参考にさせていただくため、ご観覧いただいた方にアンケートを実施いたしております。
アンケートイメージ
会場でお配りするアンケート用紙の他、本年度からWebでのアンケートも行います。
Webアンケートは会場でお配りする番組表に記載のQRコードからカンタンにアクセスいただけます!
また、今年からはお名前とご住所をご記入のうえご回答いただいた方の中から抽選で10名様にステキな狂言関連グッズをプレゼント! (当選の発表は発送に代えさせて頂きます)
また、アンケートの集計結果はこちらのサイトでお知らせいたします。
ぜひ、アンケートに率直なご意見・ご要望をお聞かせくださいますようお願いいたします。
※お預かりした氏名・住所等の個人情報はアンケート収集・プレゼント発送以外の目的には使用いたしません。

鞍馬寺公演イメージ

鞍馬寺花供養公演

2019年
4月7日(日)
PM1:30〜
開催終了しました

舌切雀』『神崎渡し

観覧無料(要:入山料)

今年も鞍馬寺さんの花供養に
出演させて頂きます!

鞍馬寺さんでは、10年以上前から春の花供養/花会式で毎年狂言を奉納させて頂いていますが、昨年9月の台風でお山全体が大変な被害に遭われました。
ニュースでも伝えられました様に、火祭りも中止になりました。
そのため今年の公演はあきらめていましたが、多大な努力で復興され、恒例の花供養は開催したいとのお気持ちでお声かけ頂き、出演させて頂ける事になりました。
私たちもお山のパワーを頂いて、地元の子供たちと一緒に元気な舞台を努めさせていただきます。
台風で止まっていた叡山電鉄も鞍馬山ケーブルカーも動いています。
鞍馬寺桜イメージ
平成最後のゑんま堂狂言鞍馬公演は、
4月7日午後1時半から鞍馬山の拝殿にて(入山料が必要です。山上まで約30分です。)
演目は地元の子供たちも出演する『舌切雀』と、若いお坊さんが元気に動き回る『神崎渡し』の2演目です。
ことしは少し早く春の芽吹きが見られそうです。鞍馬の桜とゑんま堂狂言をお楽しみください。