公演予定

Schedule

2022城陽市南部コミュニティセンター公演無事終了

南部コミュニティセンター依頼公演は、
満員のお客様をお迎えして無事に終了いたしました!

鬼の念佛イメージ
当日は、リハーサルをしていると汗がしたたり落ちるくらいのかなり蒸し暑いお天気にもかかわらず、開演15分前くらいになるとお客様が続々と来てくださり、コミュニティセンター内の会場は予約のお客様で満席状態になりました。
ここでは4年ぶりの公演でしたが、今回狂言を初めて観るというお客様も多く、お客様の反応が気になりました。
まず、ゑんま堂狂言とはどういうものかという一通りの解説を終えて狂言が始まると、会場からお客様の笑い声が響いて来てひと安心。

終演後、マスクありの状態ですが、久々にお客様をお見送りさせていただきました。
その時に、お客様から「とても楽しかったです」という嬉しいお声をいただき、さらに何人かのお客様と参加演者との記念撮影という和やかな場面もありました。
これを機にゑんま堂狂言に興味を持っていただければと思います。

コミュニティセンターの館長様をはじめ、職員の方々にも大変お世話になり、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2022城陽市南部コミュニティセンター公演

2022年6月25日(土)城陽市南部コミュニティセンター公演
【満員御礼!】

花盗人イメージ
城陽市にある南部コミュニティセンターでの公演開催のご案内をさせていただきます。

【城陽市南部コミュニティセンター公演】
公演日 令和4年6月25日(土)
公演時間 午後1時30分開演~
会 場 城陽市南部コミュニティセンター
上演演目 花盗人
鬼の念佛
定 員 75名【満員御礼】

上記にありますが、定員75名のところあいにくすでに満席となっております。ありがとうございます。
お客様よりお問合せもあるようですが、満席のためお断り申し上げている状況です。大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
また、ご縁がございましたら、ぜひゑんま堂狂言をよろしくお願い申し上げます。

国立劇場おきなわ
企画公演無事終了

国立劇場おきなわ企画公演盛況のうちに終了!
ありがとうございました!

国立劇場おきなわ外観イメージ
コロナ禍により、2年延期となった国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演 もやっと昨日(6/12)無事開催でき、曇り空の中たくさんのお客様にお越しいただき、おかげさまで盛況のうちに終えることができました。

面イメージ
出番を待つ面たち。はじめての沖縄公演でどのような反応をいただけるのか、心なしか面たちも緊張しているように見えます。

国立劇場おきなわ字幕イメージ
今回の公演ではゑんま堂の舞台のイメージを再現し、舞台の左右にはセリフを字幕で表示、初めてのお客様にも楽しみやすい環境を整えていただきました。

ゑんま堂狂言解説イメージ
まずはゑんま堂狂言の解説からスタート。
写真は『面をつける芸能で、誰がしゃべっているのかわかりづらいためオーバーアクションで演じる』という部分の解説で「これは益体(やくたい)もない!」の所作。
今回、この解説が非常に評判が良く、お客様から「解説がわかりやすかった」「初めて観ましたが、解説のおかげで楽しめました」など、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。


第一部の演目一つ目は花盗人。これ以降の演目の画像はリハーサル時のものを使用しております。
花盗人イメージ01
花の会に花を忘れるという、太郎冠者のおっちょこちょいぶりに早くも客席から笑いが起こります。
花盗人イメージ02
笑いをいただけると手ごたえを感じ、役者もノッてきます。
花盗人イメージ03
太郎冠者と盗人のやり取りもヒートアップ。
花盗人イメージ04
撮影させていただいたカメラブースでも、笑い声をあげながら撮影しておられる地元のカメラマンも…
花盗人イメージ05
一演目目からたくさん笑っていただき、大きな拍手をいただきました。


第一部の演目二つ目は牡丹獅子
牡丹獅子イメージ01
子役が演じることも多い牡丹獅子の太郎冠者ですが、今回は会長が久しぶりに演じます。
牡丹獅子イメージ02
獅子が技を決めるたびに大きな拍手が。
牡丹獅子イメージ03
広い舞台で獅子の演技ものびのびと躍動します。
牡丹獅子イメージ04
太郎冠者は無謀にもとりもちで獅子をとらえようとしますが…
牡丹獅子イメージ05
案の定獅子の逆襲にあい、取り逃してしまいます。
牡丹獅子イメージ06
困った太郎冠者は大名の機嫌を取るため獅子の真似をすることを思いつきます。この獅子を真似て踊るシーンではなんと手拍子が!このシーンで手拍子が起こったのは初めてで沖縄のお客様のノリの良さに驚くと共に感激しました。
牡丹獅子イメージ07
あまりの受けの良さに最後大名が登場するとき、大名役はベテランながら今までに感じたことがないほど緊張したそうです。


第二部、解説後の最終演目は道成寺。この演目がきっかけで沖縄公演のご依頼をいただきました。
道成寺イメージ01
師匠坊役のゑんま堂狂言一番の美声が沖縄の地に響き渡ります。
道成寺イメージ02
60分に及ぶゑんま堂狂言最長の演目です。
道成寺イメージ03
白拍子の唄も字幕が出るので非常にわかりやすかったと思います。
道成寺イメージ04
白拍子の計略にまんまとはまる陀仏坊。
道成寺イメージ05
少しとぼけた味わいの一朗と演技達者の陀仏坊の名コンビ。これでノリのよい沖縄のお客様に受けないはずがありません。
道成寺イメージ06
白拍子の術中にあるとも知らず、喜ぶ陀仏坊。
道成寺イメージ07
ついに正体を現した鬼神に師匠坊が念仏を唱え対抗します。
道成寺イメージ08
なぜか鬼神に目を付けられ追い掛け回されて逃げ惑う陀仏坊。このシーンを『七回り』と呼びますが、いつも以上の回数逃げ回ったそうです。
道成寺イメージ09
師匠坊の念仏で弱り、退散寸前の鬼神。終演を迎え、万雷の拍手をいただきました!


国立劇場おきなわ大劇場イメージ
ご来場いただいたお客様のおかげで、一体感が感じられる、とても素晴らしい公演となったと思います。ご観覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
コロナ禍の影響で、お見送りなどお客様と直接触れ合う機会が設けられなかったことを大変残念に思います。
唯一お客様とお話しできる機会があったグッズ販売担当者に「他の狂言を見たこともあるけれど、また全然違って良かった!」「本当に面白かった、いっぱい笑わせていただきました」「解説がとても分かりやすく、おかげで楽しめた」等々、たくさんのうれしいお声がけをいただきました。
また、リニューアルパンフやその他のグッズもたくさん購入いただきうれしく思います。

また、国立劇場おきなわスタッフ・関係者の皆様、このような素敵で完璧な舞台をご用意くださり、貴重な経験をさせていただきました。
この場をお借りして保存会会員一同、心より感謝申し上げます。

国立劇場おきなわ
企画公演本日開催

国立劇場おきなわ企画公演いよいよ本日(6/12)開催!当日券あります!
飛行機イメージ
ゑんま堂狂言にとって、初の飛行機を使っての出張公演となる国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演 がいよいよ本日(6/12)開催を迎えます!

国立劇場おきなわ雨外観イメージ
6月11日、あいにくの天気の中でしたが、演者・スタッフすべてのメンバーが無事沖縄に集結、リハーサルを行いました。
国立劇場おきなわ舞台イメージ
今回の公演はゑんま堂の舞台のイメージを再現していただいたいていますが、本公演の舞台よりもかなり広く、立ち位置や動きを入念にチェック。この後、衣装を着てのリハーサルを行い、しっかり準備を整え本日本番を迎えられます。

国立劇場おきなわスタッフの皆様の素晴らしいお仕事に感謝いたします。
国立劇場おきなわ演目札イメージ
少し座席に余裕がありますので、当日券も販売されます。ご興味を持っていただけましたらぜひ鑑賞ください!

本日も那覇市は雨予報となっております。ご観覧の際は足元が悪いこととは思いますが、お気をつけてご来場ください。

13年ぶり!
リニューアル パンフレット完成

国立劇場おきなわ出演記念出版
国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演に合わせて、千本ゑんま堂大念佛狂言のパンフレットをリニューアルいたしました!
新パンフレットイメージ

13年ぶりの刷新、今回は全ページオールカラー、84ページの大ボリュームとなりました!
本のサイズは携帯性とボリュームとの両立にこだわり、タテ220mm×ヨコ195mmのA4変形サイズとしました。

新パンフレット制作にあたって、以前五月本公演でアンケートを行った際に『狂言面』に興味をお持ちのお客様が多数おられることがわかりましたので、出来るだけ『面』を深堀り出来るような内容を目指しました。
もちろんゑんま堂狂言の全27演目の紹介、あらすじ解説や必見ポイント・逸話など盛りだくさんの内容になっています。
企画立ち上げから約2年の編集期間は何度も打ち合わせを重ね、見直し・訂正を繰り返し、関わった会員も勉強をさせていただきながらの制作でした。
ほぼ全ての文章を保存会員が書き、素人による編集ではありますが、プロカメラマンの美しい写真もご厚意で多数掲載させていただくことができ、読んで見て楽しい素晴らしい冊子が完成したと自負しております。
この本を読んでいただければ、さらにゑんま堂狂言を楽しく観ていただけることと思います。

今回の国立劇場おきなわ公演が初売りとなります。
『国立劇場おきなわ』ホワイエ特設ブースにて、限定250冊 化粧帯付きにて販売(販売は6月12日のみ)税込¥1,000
『国立劇場おきなわ』販売分限定付録として『京の三大念佛狂言が詳しくわかるパンフレット』をプレゼント(数量に限りがあります、お買い求めは、お早めに!)。
(都合により販売中止や付録変更の場合もございます。予めご了承下さい)
ご来場のお客様にはこの機会にぜひ実際にサンプルを手に取ってご覧のうえ、気に入っていただき購入いただけますと幸いです。

また、今後は出張公演の機会や来年の本公演にて販売をさせていただくことになると思いますので、ぜひ一度千本ゑんま堂大念佛狂言のリニューアルパンフレットをご覧ください。
(収益は千本ゑんま堂大念佛狂言保存会の活動費に充てさせていただきます)

国立劇場おきなわ外観イメージ
国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演もすぐそこに迫って参りました。
公演演目の練習も何度も繰り返し、完成度を高めて本番を迎えられそうです。
使用する面や衣装、小道具なども無事沖縄に届いたとの知らせも受け、いよいよ今週末には保存会員が沖縄に向け出発するのみです!

国立劇場おきなわ
企画公演開催

3年越し! 国立劇場おきなわ企画公演開催決定
国立劇場おきなわ外観イメージ

〔千年の歴史、京都引接寺の舞台を再現。〕と銘打って、国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演 としてゑんま堂狂言を3演目、上演させていただくこととなりました!
遡ること2年前、国立劇場おきなわでの公演依頼があり開催予定となっていたのですが、残念ながらコロナの蔓延により延期され、昨年も同様さらに延期となり、今年ようやく開催する運びとなりました。
話は進み始めたものの、実際に開催の目処が立つまではご案内に至ることができず、この5月初めにチケット販売開始となったことを機に、ここでご案内させていただきます。


【国立劇場おきなわ令和4年6月企画公演】
公演日 令和4年6月12日(日)
公演時間 午後2時開演~4時頃終演
(1回公演)
会 場 国立劇場おきなわ 大劇場(632席)
料 金 一 般:3,500円
友の会:2,800円
ご予約・
お問合せ
国立劇場おきなわ
チケットカウンター

窓口/〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目14-1 国立劇場おきなわ1階
営業時間:10時〜18時

電話/098-871-3350
電話受付:10時〜17時30分
※お電話をおかけの際にはお間違えのないようご注意ください
※千本ゑんま堂ではチケットの取り扱いはいたしておりません

新型コロナウイルス感染予防対策にご理解とご協力をお願いいたします。
詳細は 国立劇場おきなわホームページ 新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインについて(1月13日改訂) をご覧下さい。

【公演内容】
《第一部》 【念佛狂言解説】
演目『花盗人
演目『牡丹獅子
《第二部》 【演目解説】
演目『道成寺

沖縄の組踊『執心鐘入』は、能の『道成寺』を参考に作り上げられたと言われているそうです。 執心鐘入イメージ (2021年11月3日、和歌山県にある道成寺の境内にて、釣鐘の奉納公演として『執心鐘入』を上演されたときの画像)

そこで今回ゑんま堂狂言の『道成寺』をメインに、『花盗人』と『牡丹獅子』の計3演目を上演いたします。
道成寺イメージ 花盗人イメージ 道成寺イメージ 国立劇場おきなわ大劇場の舞台に引接寺の狂言舞台が建設・再現される予定です。広い大劇場で千本ゑんま堂大念佛狂言をお楽しみください。
国立劇場おきなわ大劇場イメージ

沖縄公演チラシ表イメージ 沖縄公演チラシ裏イメージ このような機会をいただけたことを保存会一同大変嬉しく思っております。
この経験を活かして、ゑんま堂狂言の更なる発展に繋げられるようがんばります。
皆様のご支援の程よろしくお願いいたします。

(当Webサイトで使用の国立劇場おきなわ関係の画像は、全て国立劇場おきなわFacebookより)

五月本公演
5月4日(水・祝)4日目終了

五月本公演 全日程有観客公演・ライブ配信終了
2022年の本公演4日目の有観客公演・ライブ配信が終了しました。
本公演最終日舞台イメージ
五月本公演、前半は少し不安定な天候でしたが、後半は暑いくらいのお天気となり、快晴の中4日目の最終日を迎えることができました。
本公演鬼瓦イメージ
今回、2年ぶりに入場制限なしでの公演を行うことになりましたが、コロナ禍ではあるためお客様方には色々とご不自由な面もあったことと思います。
マスク着用、アルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、皆様のご理解ご協力を得て、元通りとはいかないまでも、お客様の反応を直に感じながらの公演開催を保存会一同本当に喜んでおります。
心より御礼申し上げます。


4日目も祝日で、例年通り昼・夜の2部公演です。
昼の部スタートは『えんま庁』です。
えんま庁イメージ04
えんま庁』3回目の上演です。
そして、3人目の演者の鬼となります。3人3様の演技をお楽しみいただけたでしょうか。


昼の部2演目目『神崎渡し
神崎渡しイメージ
御坊と船守との掛け合いで、客席から笑い声が聞こえて来ました。
演じていて笑ってくださるお客様の姿を見ると、演者には何より励みになるのです。


3演目目『にせ地蔵
にせ地蔵イメージ1
途中、お地蔵さんに大変身!
お地蔵様の面を付け、衣装を重ねます。
にせ地蔵イメージ2
お客様が見守ってくださる中、お地蔵様に無事変わりました。


4演目目『鬼の念佛
鬼の念佛イメージ1
初め勢いのある鬼が段々と罪人に押されていく様子が、見ていて楽しい演目です。
鬼の念佛イメージ2
江戸時代に流行った大津絵を元に作られた演目で、大津絵の題材が囃子唄に盛り込まれています。いくつ入っているかご存知でしょうか?次の機会に数えてみてください。


5演目目『花盗人
花盗人イメージ2
今回、2回目の『花盗人』です。
花盗人イメージ3
中学2年生が大名を演じました。
面や衣装が大きく初々しい姿をご覧いただけましたでしょうか?
まだまだこれからの成長が楽しみです。


昼の部締めくくり6演目目は『土蜘蛛』でした。
土蜘蛛イメージ3
こちらも2回目の上演でした。
実はこの太刀持ち、一回めとは面が変わりました!使っていなかった金太郎面を使ってみることになりました。
こうやって見ると、とてもかわいいです。
土蜘蛛イメージ4
土蜘蛛イメージ5
人気のある『土蜘蛛』は演技中の空気が違う気がします。
土蜘蛛イメージ6
コロナにより座席を舞台から離しているのが残念です。迫力のある舞台を近くでご覧いただける日が、1日も早く戻りますように。


4日目夜の部1演目目は『牡丹獅子』で始まりました。
こちらも続きまして2回目の上演演目となります。
牡丹獅子イメージ3
太郎冠者を演じたのは中学1年生です。
牡丹獅子イメージ4
そして、獅子!急きょ練習して新しい技に取り組みました。
牡丹獅子イメージ4
お客様の歓声と大きな拍手をいただき、頑張った甲斐がありました。


夜の部2演目目『二人大名
二人大名イメージ1
大名を演じたのは、ベテラン演者と大学生演者です。
二人大名イメージ2
町人の逆襲により、大名達はあられもない姿に…
二人大名イメージ3
猫のケンカ、鶏のケンカのシーンでは、お客様も思わず声を上げて笑っておられました。


夜の部3演目目は『道成寺
ゑんま堂狂言の中で1番長い演目です。
道成寺イメージ1
[かたもん]ながら笑えるシーンも多い『道成寺』。コミカルな演技からシリアスな演技までお楽しみいただけましたでしょうか?
道成寺イメージ2
大きな鐘を吊り下げる大掛かりな舞台です。


そして本公演4日目の最終演目は『千人切り』です。
千人切りイメージ1
烏以外の演者は素顔で登場します。
千人切りイメージ2
それぞれ思い思いの小道具を手に為朝に挑みます。
千人切りイメージ3
何が起きているのかわからないようなネタが飛び出し、狂言舞台は笑いに包まれました。
千人切りイメージ4
もはや、誰の演技なのかわからないですが、これもまたゑんま堂狂言です。


最後までたくさんのお客様がお付き合いくださり、この五月本公演の舞台を無事に締めくくることができました。
保存会一同心より感謝申し上げます。

また、ライブ配信時には暖かいメッセージをいただきました。
以下に一部をご紹介させていただきます。

「(『悪太郎』の)なぶり合戦好きな場面❣️笑って観てます‼️めっちゃいい😆」

「国内有数の伝統芸が自宅に居ながらにして鑑賞できるのは何より嬉しいことです。演者の方々頑張ってください。」

「ゑんま堂狂言ならではの軽妙な動作とユーモラスなせりふの掛け合いは、何度観ても飽きることがありません。」

「『神崎渡し』は傑作ですね。今回初めて観させていただきました。演じられたお二人も、とてもお上手で画面の前で思わず拍手をしてしまいました。」

このようなあたたかい応援メッセージは、保存会一同今後の励みとなります。
重ねて御礼申し上げます。
本公演舞台挨拶イメージ


今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間 YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にて全日程全演目アーカイブ配信させて頂きます。ぜひご視聴ください。

五月本公演
5月3日(火・祝)3日目終了

五月本公演 3日目有観客公演・ライブ配信終了
2022年の本公演3日目の有観客公演・ライブ配信が終了しました。
本公演3日目舞台イメージ
五月本公演、お天気にも恵まれた3日目です。
早い時間から開演を待ってくださるお客様も見受けられ、始まる前には座席は満席になっていました。
久しぶりに本公演らしい活気のある空気に包まれた中で、3日目公演昼の部開演を迎えました。


3日目は祝日ということで、例年通り昼・夜の2部公演です。
昼の部は初日と同様、『えんま庁』でスタートします。
えんま庁イメージ03
えんま庁』は初日の昼1番、3日目・4日目それぞれの昼1番と唯一3回上演する演目です。
そして登場する鬼は、ベテラン演者から大学生演者まで全て違う者が演じています。初日もご覧になっておられる方は、その違いもお楽しみいただけたことと思います。


昼の部2演目目は『靭猿
靭猿イメージ2
靭猿』も初日に続いて2回目の上演です。
今回は初日とは違う会員とその息子さん(4才になったばかり!)ペアの親子共演でした。
靭猿イメージ3
この本公演に向けて、猿役を一生懸命練習してくれました。
上演後、お客様がお褒めのお言葉をかけてくださる様子も目にいたしました。とても励みになることと思います。ありがとうございます。


3演目目は『悪太郎
悪太郎イメージ
ゑんま堂狂言では、長年演者をしながらもやっていない役というものがあります。
今回、この「悪太郎」に登場するなぶり坊主を、いつもは悪太郎役を演じているベテラン演者が初めて挑戦!さすがに堂々とした演技だったと思います。
いつも観てくださるお客様の中には、そのことに気付いた方もおられるのではないでしょうか?


4演目目は『舌切雀
舌切雀
毎度のことながら、子役さんたちの雀を演じるかわいい姿に思わずにっこりとされているお客様の姿がありました。


5演目目は『福釣り
福釣りイメージ
なんでも釣れる不思議な釣り竿で釣れたかわいい!?お嫁さんに、思わず笑いがこぼれていました。
※画像はネタバレ防止のため、一部加工しております(笑)


昼の部締めくくりは『船弁慶』。
船弁慶イメージ
[かたもん]らしく、静かな舞や激しい立ち回りがあり見応えがある演目です。その中で、最後船守が見せるおどけた演技に客席から笑いがおきていました。
会員もいつも笑ってしまうシーンです。


夜の部は『篁冥途噺』で始まりました。
篁冥途噺イメージ
小野篁はゑんま堂を開基したといわれる、ゆかりのある人物。昼は宮中での仕事、夜はえんま庁にてえんま法王のお手伝い、この世とあの世を行き来するその姿が狂言となりました。


夜の部2演目目は『炮烙割り
炮烙割りイメージ
演目中に、皆様の願いが書かれた焙烙を舞台上から割り落とすシーンがある、豪快な演目です。
見事に割れれば願いが叶うと言われています。


夜の部3演目目は『でんでん虫
でんでん虫イメージ
山伏と太郎冠者を大学生2人が演じてくれました。2人が初めてこれを演じたのは中学1年生の時です。まだまだ未熟ながらも成長した姿、演技を見せてくれていたと思います。


そして本公演3日目の最終演目は『紅葉狩り』。
紅葉狩りイメージ
こちらも、静から動へ変化する舞台をお楽しみいただける演目です。
紅葉狩りイメージ2
ゑんま堂狂言産の赤紅葉も舞台柱に彩りを添えていました。
最後までたくさんのお客様が観てくださり、あたたかい大きな拍手をいただき舞台を締めくくることができました。


3日目は合計10演目を上演いたしました。お楽しみいただけましたでしょうか。

本日5月4日の最終日も祝日のため、午後1時からと午後6時からの2部構成となります。
いよいよ2022年の本公演も最終日を迎えることになりました。
…すでに「本公演ロス」となっている会員も見受けられますが、最後まで元気に演じさせていただこうと思っています。
最終演目、『千人切り』では演者たちが素顔で登場いたします。より身近に感じていただければ幸いです。

最終日も有観客公演とライブ配信を予定しております。お時間の許す限りご観覧・ご視聴ください。


今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間 YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にて全4日分全演目アーカイブ配信させて頂きます。ぜひご視聴ください。

五月本公演
5月2日(月)2日目終了

五月本公演 2日目有観客公演・ライブ配信終了
2022年の本公演2日目の有観客公演・ライブ配信が終了しました。
本公演舞台イメージ
2日目は平日のため、例年同様夜の部 午後7時からの公演のみ行いました。
この日も、少しお天気が不安定で夜公演ということもあり、かなり寒かったのですがたくさんのお客様がお越しくださいました。
ありがとうございます。


1演目目は『与平狐
与平狐イメージ
この演目では、狐が「コィーン!」と独特の泣き声で登場します。
また、使っていなかった狐の古面を使うために復活した演目でもあります。
その、古面の味わいも楽しめる演目です。


夜の部2演目目は『木の本地蔵
木の本地蔵イメージ
座頭と護摩の灰をなだめとりなすお地蔵さん。
飄々としたお地蔵さんのキャラにほっこりします。


夜の部3演目目は『伯母ヶ酒
伯母ヶ酒イメージ
大迫力の演技は長年培われたもの。
五兵衛と伯母様との名コンビ、笑わずにはいられません。


そして本公演2日目の最終演目は『土蜘蛛』でした。
土蜘蛛イメージ1
ゑんま堂狂言では数少ない[かたもん]ですが、「土蜘蛛」ならではの蜘蛛の糸の飛ぶシーン!これを観にたくさんの方が来てくださる人気の演目です。
土蜘蛛イメージ2
この日は作った糸の調子が良く、見事な弧を描きました。
余談ですが、この糸は保存会員が手作りしています。きれいに飛ぶと一安心です。


以上、2日目夜公演は、4演目の上演でした。
寒い中、最後までご観覧くださりありがとうございます。

本日5月3日は祝日のため、午後1時からと午後6時からの2部構成となります。是非ご観覧・ご視聴ください。

残すところあと2日…すでに本公演ロスな心境です。
残り2日全員でがんばりますので、よろしくお願いいたします。
ライブ配信も合わせて行いますので、どうぞお楽しみください。

※今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間 YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

五月本公演
5月1日(日)1日目終了

五月本公演 1日目有観客公演・ライブ配信終了
2022年の本公演1日目の有観客公演・ライブ配信が無事終了しました。
本公演舞台イメージ
今年の本公演は、有観客公演とライブ配信を行っています。
現地では昼の公演開始時は小雨の降るあいにくの天気の中、夜の公演では肌寒い天候にもかかわらず、たくさんの観客の方にお集まりいただきました。
皆様のおかげで、久しぶりの有観客公演も混乱なく終えることが出来ました。ご協力感謝いたします。


今回1日目は日曜日ということで、昼・夜の2部制での公演となりました。
昼の部は例年通り『えんま庁』でスタート
えんま庁イメージ01
ゑんま堂狂言独自の演目、「カンデンデン」が鳴り響くと、久しぶりに大勢のお客様の前での演技に身が引き締まる思いです。
えんま庁イメージ02
ゑんま堂狂言には珍しい無言の演目ですが、「グエッ!」と声を上げるシーンです。


昼の部2演目目は『靭猿
靭猿イメージ
小さくても何度目かの猿役なので堂々とした演技です。


3演目目は『寺ゆずり
寺ゆずりイメージ
会場も暖まってきてお客様の笑い声も大きく響き出します。


4演目目は『芋汁
芋汁イメージ
これもゑんま堂狂言では珍しい無言の演目です。子役の丁稚のしぐさで笑いがおきます。


5演目目は『いろは
いろはイメージ
練習発表会からさらに進化した演技を披露してくれた弟子役の子供会員(猿役と同じ子が演じています。今日は出番が多く大忙しです!)。


昼の部締めくくりは『篁冥途噺』の試演でした。
篁冥途噺イメージ
登場人物が多く、仮舞台も手狭です。狂言堂の再建をして広い舞台で演じたい演目です。


夜の部は『末廣』でスタート
末廣イメージ
太郎冠者役はこの役に初挑戦の大学生が演じました。唄もある難しい役ですが、見事に演じきってくれました。


夜の部2演目目は『花盗人
花盗人イメージ
「泥棒を捕らえて縄を綯う(どろぼうをとらえてなわをなう)」の諺通りの分かりやすい内容で、お客様の笑い声もたくさんいただきました。


夜の部3演目目は『
雷イメージ
登場のときは迫力がありますが、案外気が小さいところのある雷さんです。


そして本公演初日の最終演目は『牡丹獅子』でした。
牡丹獅子イメージ
獅子と太郎冠者が舞台狭しと追いかけあい。若者パワーが炸裂の演目です!
牡丹獅子イメージ2
獅子が型を決めると観客の皆様から大きな拍手をいただきました。


初日は合計10演目を上演いたしました。お楽しみいただけましたでしょうか。

明日5月2日は平日のため、午後7時からの1部構成のみとなりますが、初日と同様、有観客公演とライブ配信を予定しております。是非ご観覧・ご視聴ください。

YouTube配信中のチャットも会員が全て目を通しております。
また、質問などをいただきました場合も、可能な限りライブ中に返信させていただきたいと思います。是非チャットやコメントにメッセージください!お褒めのお言葉、お叱りのお言葉、どのような内容でも大変な励みとなります。
ご忌憚のないご意見を是非お寄せください。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間 YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

五月本公演
番組表が出来ました!

千本ゑんま堂狂言 2022年5月本公演の演目順が決まりましたのでお知らせします。

全27演目、()の番号が付いているものは、2回及び3回上演します。


令和四年(2022年)
ゑんま堂狂言五月本公演 番組予定
5/1
(日)
昼の部
13:00〜
えんま庁(1)
靭猿(1)
寺ゆずり
芋汁
いろは
篁冥途噺(1)
夜の部
18:00〜
末廣
花盗人(1)
牡丹獅子(1)
5/2
(月)
夜の部
19:00〜
与平狐
木の本地蔵
伯母ヶ酒
土蜘蛛(1)
5/3
(火・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁(2)
靭猿(2)
悪太郎
舌切雀
福釣り
船弁慶
夜の部
18:00〜
篁冥途噺(2)
炮烙割り
でんでん虫
紅葉狩り
5/4
(水・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁(3)
神崎渡し
にせ地蔵
鬼の念佛
花盗人(2)
土蜘蛛(2)
夜の部
18:00〜
牡丹獅子(2)
二人大名
道成寺
千人切り

現在、上記の予定にしておりますが、都合により変更する場合があります。

当日の公演の模様は、YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」より生配信動画でお楽しみいただけます。

五月本公演
5月1日(日)〜4日(水・祝)

今年も千本ゑんま堂境内にて本公演を開催・ライブ配信も予定
5月の空の下、お客様の笑い声が境内に響くことを願っています。
えんま庁イメージ
会 場  千本ゑんま堂境内 仮設舞台
日 時  令和4年5月1日(日)〜
     4日(水・祝)
     【雨天決行】
開 演  5/1 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
     5/2 夜の部:午後7時〜
     5/3 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
     5/4 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
料 金  無料(途中入退場

以上、全7回公演の予定です。
昼公演では6演目、夜公演では4演目の上演を予定しています。
※今年は初日が日曜日のため、特別に昼公演を増やしています。
《予定演目数》全27演目(演目は後日発表致します)
◉2回上演する演目もあります。

 ご 注 目! 
今年は、千本ゑんま堂の開基「小野篁(おののたかむら)」にちなんだ新演目『篁冥途噺(たかむらめいどばなし)』を試演させて頂きます。
どうぞお楽しみに!

◉小雨の場合は決行致します。豪雨の場合は入場をお断りし、ライブ配信のみの公演になります。

◉境内に駐車場はありません。
近隣のコインパーキングをご利用いただくか、公共交通機関でお越しくださいますようお願い致します。

入場や観覧に際しての注意事項
本公演の入場や観覧に際しての注意事項についてご案内いたします。

今年は整理券の配布はありません。
全席自由席で入退場時間の指定もありません。
(演技中の席の移動や入退場はなるべくお控えください。どうしても移動しなければならない場合は、周りの方の観覧の妨げにならないようにご配慮をお願いいたします)

会場後ろに幕などでの区切りを作らず、できるだけ座席を作りたいと思います。
座席は間隔を空けて並べます。
ご着席でのご観覧にご協力をお願いいたします。
(予定席数を100席とご案内しておりましたが、並べる状況により増減が出る可能性がございます)

多くのお客様に観ていただけますよう、お席を譲り合ってご観覧ください。
アルコール消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。
※消毒用アルコールは会場に設置いたします。

飲食については基本的にお控えいただきたいのですが、水分補給は必要かと思います。まわりのお客様にご配慮いただき、お飲みください。

色々と制限もありご面倒をおかけいたしますが、公演が滞りなく進行しますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします。

最後に…
マスク着用ではありますが、狂言を観て楽しい時間をお過ごしいただければと思っております。


本公演は 全日・全演目を、YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」よりライブ配信させて頂く予定です。
スマートフォン、タブレット、パソコン、YouTubeをご覧いただけるスマートテレビやFire TV stickなどの動画サービス、ゲーム機などからYouTubeにお入り頂き「えんま堂狂言保存会」と検索してください。
5月1日午後1時より配信を開始いたします。
滞りなく開催できます様、ご理解とご協力をお願い致します。

ゑんま堂狂言 老松板絵完成記念
練習発表会
ゲリラライブ配信終了!

練習発表会のライブ配信終了しました

4月23日の午後2時から「ゑんま堂狂言 老松板絵完成記念 練習発表会」を
YouTube「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてライブ配信させて頂きました。

老松板絵イメージ
稽古場の老松板絵のお披露目も動画にてさせていただきました。
実はこの絵は保存会員の美術担当の者が制作しました。なんと完成は当日の朝!


いろはイメージ1
練習発表会最初の演目は、いろはでスタート!
保存会会長・宮田勝行と娘さんとの親子共演。自宅での特訓の成果を存分に披露してくださいました!
いろはイメージ2
台詞のある役に初挑戦でしたが、飛ばすことなく最後までしっかり演じることが出来ました!


次の演目は、保存会前会長・戸田義雄作の新作狂言篁冥途噺(たかむらめいどばなし)を試演。
篁冥途噺イメージ1
小野篁(おののたかむら)は、ゑんま堂を開基したとされる実在の人物。ゑんま堂にも篁像が置かれています。
篁は数々の不思議な逸話を持ち、その中で「昼間は朝廷で官吏を、夜間は冥府において閻魔法王のもとで裁判の補佐をしていた」という伝説をもとにした物語です。
篁冥途噺イメージ2
発展途上の演目で、台本も幾度となく更新されています。本公演時にはもっと完成度が上がった演技をお届けできると思います。
篁冥途噺イメージ3
新作狂言には各種小道具も制作しなくてはいけません。「浄玻璃の鏡」なども保存会員数名が力を結集して作った力作です!


花盗人イメージ1
最後の演目は、中学2年生が大名役に初挑戦した花盗人です。
花盗人イメージ2
5才から保存会に入り、着実にキャリアを積んできて初めての大名役。ベテランさんと一緒に立派にトリの演目を務めてくれました。


以上、老松板絵完成披露と3演目を配信させていただきました。急きょ決定したライブ配信でしたが、ご視聴いただきありがとうございました!

ゑんま堂狂言 老松板絵完成記念
練習発表会
4月23日(土)午後2時〜
ゲリラライブ配信!

練習発表会の様子をライブ配信します!
ゲリラライブイメージ
4月23日の午後2時から「ゑんま堂狂言 老松板絵完成記念 練習発表会」を
YouTube「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」よりライブ配信させて頂きます。
配信時間は1時間半ほどの予定ですが、先日描き上がりました稽古場の老松板絵の完成披露と共に、5月1日~4日の本公演に向けて練習中の演目に挑戦する姿をご覧頂ければと思います。
なお、この配信は4/23、1日限りの配信とさせていただきます。


内容紹介

『いろは』
この演目は、保存会会長・宮田と実の娘さんの親子共演です。
娘さんは『舌切り雀』の雀役や『靭猿』の猿役ですでに舞台経験はありますが、小学校1年生になり、今回台詞のある役に初挑戦します!

『篁冥途噺』
ゑんま堂の開基 小野篁(おののたかむら)にちなんだ新演目の試演です。
保存会前会長・戸田義雄作の新作狂言のため、まだまだ完成形ではありませんが、試行錯誤しながら練習に取り組んでいます。その成果をご覧ください。

『花盗人』
大名役は今年中学2年生。
狂言が大好きで、5才から保存会の仲間入り。大名役に初挑戦です!

以上、3演目を配信予定です。急きょ決定したライブ配信ですが、どうぞお楽しみください!

公益社団法人 全日本郷土芸能協会に
今年度より入会致しました

全日本郷土芸能協会会報誌第106号にて、
ゑんま堂狂言保存会について
ご紹介いただきました。


全日本郷土芸能協会は、国・地方自治体の教育、観光、文化振興部門などと連携し、民族芸能の公演・展示の場を作り、その発展を図る活動をはじめ、各種イベント等への出演問い合わせに関する紹介、仲立ち、そして、民族芸能の育成相談及び指導、会員の情報交換や親睦、民族芸能記録の収集に公開という、幅広い活動内容をされている団体です。

さらに、文化庁・国際交流基金・地方自治体等からの委託で、さまざまなイベント企画も行われ、日本の民族芸能と諸外国の民族芸能との文化交流を推進されています。

全国で団体会員は219団体(2020年3月現在)ということで、ゑんま堂狂言は220団体目ということになります。京都では、京都中堂寺六斎会、壬生大念佛講に続き、3団体目に当たります。
全日本郷土芸能協会会報誌イメージ
協会入会を機に、伝統芸能の発展のため、千本ゑんま堂大念佛狂言を少しでも多くの方に知っていただける場が広がるよう、さらなる活動を続けていきたいと思います。
応援して下さる皆様、これからもより一層、ゑんま堂狂言をよろしくお願い致します。

令和4年 節分会
狂言奉納中止のお知らせ

令和4年2月3日の節分会は、
中止と決定いたしました


新型コロナウイルス感染症拡大により、2月3日のゑんま堂(引接寺)節分会行事が中止されることとなりました。
これに伴い、19:30より予定しておりましたゑんま堂本堂での保存会の狂言奉納も、やむなく中止することに決定致しました。
YouTube同時配信と福井さんの紙芝居も合わせて中止となります。

今年は、お客様に直接ご覧いただく計画で進めておりましたが、このような結果となりましたこと、お詫び申し上げます。

今の状況では、中止の判断も仕方のないことと、ご理解、ご了承くださいますよう、よろしくお願い致します。

1日も早く、みなさまに狂言を直にお楽しみいただけますことを心待ちにしております。

千本ゑんま堂大念佛狂言保存会

令和3年 八幡公演
「狂言へのいざない」
開催終了

毎年恒例の八幡公演
無事開催終了しました

八幡市生涯学習センターでの公演「狂言へのいざない」は、今年で18回目を迎えました。
昨年に引き続きコロナ感染対策のため客席は定員の半数という制限、また八幡市民の方限定にもかかわらず予定の席数を予約の段階で完売し、当日ご来場のお客様には検温、消毒などご協力いただき、無事盛況のうちに公演を終えることができました。
八幡公演八木先生イメージ
八幡公演では、ゑんま堂狂言を観ていただく前に、毎回恒例の佛教大学教授八木透さんの狂言解説があります。長年ご一緒させていただいていますが、今回も狂言について色々と興味深い解説と質問タイムを設けて下さり、初めてご覧になる方にもわかりやすく、何度もご覧の方にはより深くお楽しみいただけたと思います。

そして、今回の演目は、13年ぶりの『伯母ヶ酒』と、八幡では初の『船弁慶』を上演させていただきました。
八幡公演伯母ヶ酒イメージ
『伯母ヶ酒』は、面の上から面をつける珍しい演目。コミカルな演技に笑いが絶えません。

八幡公演船弁慶イメージ
『船弁慶』は3年前に復活した演目で、本番まで入念に練習を重ね、薙刀を使って立ち回るシーンも迫力あるものに仕上がり、お楽しみいただけたとおもいます。

平成14年から毎年お招き頂き、一度も絶やすことなく18年間続けられた催し。スタッフの皆さま、そしてお越し頂いたお客様に感謝申し上げます。
八幡公演イメージ
これからも変わらず八幡での公演を続けて行けますよう、ゑんま堂狂言をよろしくお願い申し上げます。

千本ゑんま堂狂言
IN 京都観世会館
公演無事終了!

令和3年9月4日(土)京都観世会館での公演が終了しました

少しお天気が不安定な中でしたが、たくさんのお客様がお越し下さり、無事公演を行う事が出来ました。
観世会館会場イメージ
緊急事態宣言が発出された中で、お客様に安心して観ていただけるよう、検温、消毒、及びマスク着用、座席の間隔を取るなどし、公演を開催させていただきました。
京都の立派な能楽堂で自主公演ができたことは、当会にとって、とても良い経験となりました。
観世会館えんま庁イメージ
観世会館えんま庁イメージ
この経験を活かして、さらに皆様に楽しんでいただける良い公演ができるよう、努めていきたいと思います。

ご支援して下さる皆様、今後ともゑんま堂狂言をよろしくお願い致します。
観世会館鬼の念佛イメージ
観世会館土蜘蛛イメージ
観世会館土蜘蛛イメージ

当日はライブ配信も同時に行いましたが、公演後の1週間(9/11まで)はYouTube千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル内の「千本ゑんま堂大念佛狂言IN京都観世会館」にてアーカイブ配信をしています。
公演を見に来て下さった方も、ご覧いただけなかった方々も楽しんでいただければと思います。
観世会館舞台イメージ

五月本公演
5月4日(火)最終日終了

五月本公演 最終日ライブ配信終了
本年の本公演全日程の無観客・ライブ配信が終了しました
えんま庁舞台イメージ
ライブ配信のみの本公演4日目の最終日も天候に恵まれ、無事全ての公演を行う事が出来ました。
最終日は昼5演目・夜4演目の合計9演目を上演させていただきました。
緊急事態宣言が発出されたため、残念ながら無観客とし、YouTubeでのライブ配信のみとなってしまいましたが、毎年公演を見にきてくださっている方はもちろん、普段ご覧いただけないような遠方の方にも楽しんでいただけたり、ゑんま堂狂言を初めてご覧頂く方など、たくさんの方々にご視聴いただけました。
また、チャットには「鬼と亡者、二人の演者のかけあいが素晴らしい!」、「20歳の社会人ですが、小学生の頃からこのえんま堂狂言見てます!大好きです!」、「​千人切りのこの空気が大好きです!」、「4日間、楽しませて頂きました。ありがとうございました。」など、最後まで嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
休憩時間DJイメージ
ライブ配信の休憩時間にはコメントに対する返事・解説などもさせていただき、公演がいっそう盛り上がりました。
いただいた貴重なご意見は、保存会の今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました!

挨拶イメージ
初舞台を踏む子供達や、一生懸命練習してきた初挑戦の役を演じきった若手、ベテランの安定感抜群の味のある演技など、観れば観るほど、知れば知るほど、見所たくさん、何度観ても面白いゑんま堂狂言です。
重ね重ね、本年のライブ配信、ご視聴、コメントいただき誠にありがとうございました!
来年令和4年の本公演は、観客の皆様に是非ゑんま堂にご来場頂いて生の舞台をご覧いただける事を保存会員一同祈っております。

ここに載せている画像は会員がスマホで撮影したもので画質が良くなく恐縮ですが、今回の公演も例年のように三人のカメラマンに撮影をしていただいています。公演後にアルバムを作成いたしますので、またごゆっくりと鑑賞いただけましたら幸いです。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間4日間の全日程を6つの動画にてYouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」でアーカイブ配信させて頂きます。
是非ごゆっくりご視聴ください。

五月本公演
5月3日(月)3日目終了

五月本公演 3日目ライブ配信終了
本年の本公演3日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
でんでん虫舞台イメージ
ライブ配信のみの本公演3日目は天候にも恵まれ、日中は暑いぐらいの気温の中、気持ちよく公演を行う事が出来ました。
3日目は昼・夜各5演目、合計10演目を上演させていただきました。
YouTubeのチャットに「こんな豪華なプログラムが自宅に居ながら楽しめるとは」、「配信で観せていただくのも楽しいです。細かい動きや、別アングルから見られたり、生で見るのとは違う楽しみです」、「伝統の深みを感じさせながら、それでいて堅苦しくないストーリー展開は、これぞ庶民芸術の粋と言うべきでしょうか」など、嬉しいお言葉をたくさん頂戴しました。
寺ゆずり舞台イメージ
どのようなコメントも会員の大変な励み、今後の活動の参考になります。率直なご意見をお気軽にお寄せください。

このような状況下、『舌切雀』では子供達もたくさん集まって可愛い雀役を努めてくれました。
舌切雀舞台イメージ
初舞台となった会員の息子さんも驚くほど立派な演技を披露してくれました。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月4日最終日も午後1時と午後6時の昼・夜2部構成の配信を予定しております。最終演目『千人切り』は唯一面を付けずに素顔の演者をご覧頂ける演目です。
是非最後までご視聴ください。

五月本公演
5月2日(日)2日目終了

五月本公演 2日目ライブ配信終了
本年の本公演2日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
ライブ配信のみの本公演も2日目。
2日目は『靭猿』『芋汁』『雷』『悪太郎』の4演目を上演させていただきました。
YouTubeのチャットでは「小猿ちゃん、動きがかわいかったです!」、「猿さんには敵いませんね笑」、「可愛いですねぇ」など、『靭猿』の猿役の可愛さにやられた方が多数おられました。
靱猿舞台イメージ
YouTube配信中のチャットも会員が全て目を通しております。
また、質問などをいただきました場合も、可能な限りライブ中に返信させていただきたいと思います。是非チャットやコメントにメッセージください!お褒めのお言葉、お叱りのお言葉、どのような内容でも大変な励みとなります。
チャット以外にも「ゑんま堂狂言の面白さをまた味わいました」「演者の出だしの音声が少し聞き取りにくかったのが残念でした」と嬉しいお言葉や今後の参考になるご意見等々たくさん頂きました。ありがとうございます。
公演も配信も、昨日よりも今日、今日よりも明日、とより良いものを皆様にお届けできますよう精進してまいります。
ご忌憚のないご意見を是非お寄せください。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月3日は午後1時と午後6時の2部構成の配信を予定しております。是非ご視聴ください。

五月本公演
5月1日(土)初日終了

五月本公演 1日目ライブ配信無事終了
本年の本公演1日目の無観客・ライブ配信が無事終了しました
京都府の緊急事態宣言発出を受けて、ライブ配信のみとなりました本年の本公演。
与平狐舞台イメージ
観客の方々のおられない舞台は笑い声や拍手も起こる事がありません。
それは開催側としてやはり非常にさびしく、演じにくいものがあります。
しかし、画面を通してご覧いただいている皆様の事を想い、保存会一同全力を尽くして1日目の開催を無事終える事が出来ました。
初日は『えんま庁』『与平狐』『神崎渡し』『土蜘蛛』の 4演目を上演させていただきました。
ライブ配信をご覧いただいた方からは「細かい動きが見られたり、別アングルから見られたり、配信もすごい楽しかった」、「画質、音量共に最高です」、「色んな角度から撮ってて面白かったです」等々、嬉しいお言葉をたくさん頂きました。ありがとうございます。

今回ライブ配信した本公演の動画は、しばらくの間YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」にてアーカイブ配信させて頂きます。

5月2日も午後7時より配信を開始致します。是非ご視聴ください。

五月本公演
5月1日(土)〜4日(火)

五月本公演 無観客・ライブ配信のみにて開催予定に変更
京都府の緊急事態宣言発出を受け、本年の本公演は無観客・ライブ配信のみにて開催予定です。
コロナ対策イメージ
会 場  千本ゑんま堂境内 仮設舞台
日 時  令和3年5月1日(土)〜
     4日(火)
     【雨天決行】
開 演  5/1 夜の部:午後7時〜
     5/2 夜の部:午後7時〜
     5/3 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
     5/4 昼の部:午後1時〜/
        夜の部:午後6時〜
※京都府の緊急事態宣言が発出されたため、本年の五月本公演は当初の予定を変更し、残念ながら無観客とさせて頂きますので、当日ゑんま堂までお越し頂きましても公演は見られません。何卒ご了承下さい。

本公演は 全日・全演目を、YouTubeの「千本ゑんま堂狂言保存会チャンネル」より生配信させて頂く予定です。
スマートフォン、タブレット、パソコン、YouTubeをご覧いただけるスマートテレビやFire TV stickなどの動画サービス、ゲーム機などからYouTubeにお入り頂き「えんま堂狂言保存会」と検索してください。
5月1日午後7時より配信を開始致します。
画面上から、困難な状況下でも練習を積んできた保存会員を応援して頂けると嬉しいです。
滞りなく開催できます様、ご理解とご協力をお願い致します。

令和三年(2021年)
ゑんま堂狂言五月本公演 番組予定
5/1
(土)
夜の部
19:00〜
えんま庁
与平狐
神崎渡し
土蜘蛛
5/2
(日)
夜の部
19:00〜
靭猿
芋汁
悪太郎
5/3
(月・祝)
昼の部
13:00〜
木の本地蔵
二人大名
末廣
でんでん虫
炮烙割り
夜の部
18:00〜
寺ゆずり
伯母ヶ酒
いろは
舌切雀
紅葉狩り
5/4
(火・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
花盗人
船弁慶
福釣り
にせ地蔵
夜の部
18:00〜
牡丹獅子
鬼の念佛
道成寺
千人切り

『京の三大念佛狂言〜壬生・嵯峨・千本ゑんま堂』
開催決定!!

KYOTO伝統芸能フェスティバル2021
京都市右京ふれあい文化会館20周年記念事業
『京の三大念佛狂言〜壬生・嵯峨・千本ゑんま堂〜』が開催決定!

チケット好評発売中!

京都市右京ふれあい文化会館のホールにて、京都の三大念佛狂言が共演します。
京都で古くから親しまれ、京都の三大念佛狂言と呼ばれている、壬生寺の『壬生大念佛狂言』、 清涼寺の『嵯峨大念佛狂言』、 そして、千本ゑんま堂こと引接寺の『千本ゑんま堂大念佛狂言』、その三つの大念佛狂言を一度にお楽しみいただけるチャンスです!
花盗人イメージ
それぞれの公演を観る機会はあっても、一度に観られる機会はなかなかないものです。有料公演となりますが、この機会にぜひ観ていただきたいと思います。

日 時:令和3年6月20日(日) 午後1時開演
会 場:京都市右京ふれあい文化会館ホール
入場料:1,000円〔自由席〕
【公演の各演目】
●壬生大念佛狂言
『賽の河原』
●嵯峨大念佛狂言
『釈迦如来』
●千本ゑんま堂大念佛狂言
『花盗人』

【講演】
●佛教大学歴史学部教授 八木 透氏による講演「京の大念仏狂言」もお楽しみいただけます!

現在予定の座席数は、定員196名となります。
※コロナ禍における感染予防対策を、京都市のガイドラインに併せています。今後の感染状況などにより、定員は変更する可能性もあります。ご了承下さい。

チケットは以下の場所で好評発売中です。
※引接寺(ゑんま堂)では、チケットの取り扱いはしていませんので、ご注意下さい。お問い合わせもご遠慮下さい。

チケットのお問い合わせ・お買い求め
京都市右京ふれあい文化会館窓口
075-822-3349
9:00〜17:00
火曜日休館(休日の場合は翌平日)

京都コンサートホール
075-711-3231
10:00〜17:00
第1・第3月曜日休館(休日の場合は翌平日)

ロームシアター京都
075-746-3201
10:00〜19:00
年中無休(臨時休館の場合を除く)

京の三大狂言フライヤーイメージ
◎3月19日(金)〜 巡回パネル展『京の三大念佛狂言パネル展』を京都市右京ふれあい文化会館ロビーにて開催しています。併せてご覧下さい!

佛大逍遥Ⅶ
―民俗学の資料を紐解く―
展示協力のご案内

佛教大学宗教文化ミュージアムにて開催される冬期企画展「佛大逍遥Ⅶ―民俗学の資料を紐解く―」に、当保存会の資料も展示されることとなりました!
冬期企画展フライヤーイメージ
佛教大学史に焦点を当てる企画展「佛大逍遥」シリーズの第七弾。
民俗学者の竹田聴洲さんが、昭和30年代に民俗芸能の映像や音声を記録撮影されており、その貴重なモノクロ8ミリフィルムや音声テープなどが宗教文化ミュージアムで保管されていますが、経年による劣化をふまえ、近年デジタル化を進めておられます。
今回の企画展では、デジタル化された映像やその関連資料を含めて展示され、先学の資料を紐解きながら、民俗学研究の魅力と奥深さを堪能出来る企画となっているようです。

佛教大学宗教文化ミュージアムには、他にも民俗学に関わる資料が多く寄託されています。狂言や六斎念仏、祇園祭などなど…。

そして、今回の企画展に向けて当千本ゑんま堂大念佛狂言保存会からも、いくつかの資料や衣装、面などを提供させていただき、展示していただいております。
ご興味のある方は、ぜひ一度足をお運びください。

企画展の開催概要や、ご入館に際しての諸注意など、詳しくは
佛教大学宗教文化ミュージアムの企画展案内サイトにて、ご確認をお願い致します。

開催期間:2021年2月13日(土)~3月19日(金)10時~17時30分(入館は17時まで)
     入館無料、日曜日・祝日休館
     ※2月23日(火・祝)も休館
     (第45回シアター公演・学術シンポジウムの開催を中止したため)
会  場:佛教大学宗教文化ミュージアム

展示作業イメージ
▲ゑんま堂狂言固有演目の古面を展示させていただいてます。※画像は与平狐

展示作業イメージ
▲えんまさんの着付けはみんなで頑張りました!

展示作業イメージ
▲最終仕上げ!ショーケースに入って衣装や冠の微調整中です。

展示作業イメージ
▲牡丹獅子展示コーナーはリアルな獅子目指してみました!

令和3年節分会YouTubeライブ配信終了のお知らせ

はちまんじごくへおってうしょう〜!
令和3年2月2日、節分会狂言奉納は無事終了致しました。
ニュースで流れていましたが、2月2日の節分は124年ぶりだとか!

そして、予告通りにYouTubeでのライブ配信を行いました。みなさんお楽しみいただけたでしょうか?
youtube配信イメージ画像
動画はアーカイブとして保存しておりますので、お見逃しの方も以下のチャンネルでぜひご覧ください!
■千本ゑんま堂狂言YouTubeチャンネル
【生配信】千本ゑんま堂狂言 節分奉納公演「鬼の念佛」

令和3年節分会YouTubeライブ配信日程決定のお知らせ

令和3年2月2日(火)午後8時~
節分奉納狂言会YouTubeライブ配信決定!

今年の千本ゑんま堂節分会は規模を縮小して行われる予定で、恒例の福豆まきは中止となりました。
奉納狂言会についても、無観客でライブ配信する事になりました。
緊急事態宣言下のため、残念ながら当日のお客様の観覧・参加は出来ません。何卒ご理解下さい。
鬼の念佛イメージ画像
ライブ配信する演目は先にお伝えしていた通り鬼の念佛の一演目のみとなります。
ご自宅の暖かい場所からゆっくり狂言を楽しんで頂ければと思っております。
■千本ゑんま堂狂言YouTubeチャンネル
令和3年2月2日(火)午後8時~〔今年に限り立春が2月3日のため、節分は2日になります〕鬼の念佛をライブ配信致します。
以下のリンクからご覧頂ける予定です。
「令和3年ゑんま堂狂言節分奉納狂言会」
アーカイブも公開予定していますので、当日お見逃しの方も是非ご覧ください。

令和3年節分会のお知らせ

今年の節分会は
YouTubeライブ配信にてお楽しみ下さい!

例年通り、ゑんま堂本堂内での狂言奉納は行いますが、残念ながら一般客の観覧はお断り致します。コロナ禍においての密を避ける為、今年は無観客YouTubeライブ配信で行うことに致しました(YouTubeのチャンネル、スケジュールなどは追って掲載いたします)。何卒ご了承下さい。
上演演目は鬼の念佛の一演目になります。
保存会と致しましても、お客様がおられないところでの上演はとても淋しい限りです。
それでも、ご自宅でゆっくり鑑賞を楽しんでいただければと思っております。
鬼の念佛イメージ
『福は〜うち〜 鬼も〜うち〜』
恒例のクジ付き福豆まきはできませんが、皆様のご多幸をお祈りしながら、狂言を奉納させていただきます!

【 伝統芸能功労者表彰 】

当保存会副会長が京都市伝統芸能功労者として表彰されます
来る令和3年1月28日に、千本ゑんま堂大念佛狂言保存会会員である藤井 洋(ふじい ひろし)が、長きに渡り、千本ゑんま堂狂言保存会において、自らの演技向上に努め、後継者育成などの貢献を続けた事に対し、京都市および京都市文化観光資源保護財団より、京都市伝統芸能功労者として表彰されますことをお知らせ致します。
(当保存会は、保存会団体で活動しておりますので、通常は個人会員名での紹介を控えておりますが、慶び事のため紹介させて頂きます)

藤井 洋 ● 藤井 洋のプロフィール
昭和39年2月12日 京都に生まれる
京都市在住 56歳
平成8年 保存会入会

紅葉狩りの神勅役で得意の謡を長年披露。
大きな体格を生かした花盗人 靱猿 牡丹獅子などの大名役を任されることが多く、マイクが不要なほどの声量と美声、聞き取りやすい発声に加え、抑揚のある言い回しで道成寺の師匠坊役などでも活躍中。
平成31年度より、当保存会副会長に着任、保存会の活動に積極的に参加し、更なる尽力を続けています。

神勅役イメージ

満員御礼!
京都国立博物館 新春イベント
新春大念佛狂言出演終了

京都国立博物館での新春イベント出演終了しました!
新年あけましておめでとうございます!今年もゑんま堂狂言をよろしくお願い致します!!
年明け一番、初笑いを無事お届けする事が出来ました!
寺ゆずりイメージ
コロナ禍で、ソーシャルディスタンス確保、マスク着用、アルコール消毒とお客様にもご協力頂いての開催となりましたが、整理券配布時間には、たくさんのお客様が来館され、整理券はあっという間になくなりました。
寺ゆずりイメージ
「こんな状況で、開催していただけて嬉しかったです。ありがとうございます。」と、お客様からの声もありました。
寺ゆずりイメージ
みなさんに安心して大声で笑っていただける日が、一日も早く戻りますように。
寺ゆずりイメージ

京都国立博物館 新春イベント
新春大念佛狂言

京都国立博物館で毎年開催される、新春イベントへの出演が決定!
令和3年スタートを飾る公演のお知らせです。
京都国立博物館で毎年開催される、新春イベントへの出演が決定しました!
座席数の制限や消毒、マスク着用などのご協力お願いを致しますが、ぜひ楽しい時間をお過ごしいただければと思います。
この公演を皮切りに明るい年明けを迎え、良い一年になるようにいろいろなイベントが動き始めています。ご期待ください。

新春大念佛狂言
場 所:京都国立博物館 平成知新館 講堂
日 時:2021年1月10日(日)
    11:00~12:00、14:00~15:00
    (2回公演・開場は各回30分前から)
演 目:寺ゆずり(演目は各回共通)
参加費:無料(当日の観覧券等が必要)

詳細は、以下の京都国立博物館の新春イベントサイトをご覧下さい。
「京博の新春イベント2021」

寺ゆずりイメージ

京の三大念佛狂言 パネル展
2020年11月5日(木)よりスタートしています

京都三大狂言の魅力を伝えるパネル展示にて千本ゑんま堂狂言も紹介されております
今まで自粛していた催しが少しずつ動き出しています。
そのひとつが「京の三大念佛狂言 パネル展」。
京都の三大(壬生・嵯峨・千本ゑんま堂)念佛狂言の魅力を伝えるパネル展示で、ゑんま堂狂言も紹介されています。
今年(令和2年)は11月5日のゼスト御池をスタートに、右京区総合庁舎、来年(令和3年)は京都佛教大学宗教文化ミュージアム、右京ふれあい文化会館へとリレー展示されます。

【ゼスト御池 寺町広場】
期間:2020年11月5日(木)~2020年11月20日(金)

【サンサ右京(右京総合庁舎)1階区民ロビー】
期間:2020年11月21日(土)~2020年12月14日(月)

【京都市右京ふれあい文化会館ロビー】
期間:2021年3月19日(金)~

このイベントは来年(令和3年)6月の『三大狂言共演舞台』へと繫がって行く予定です。
※『三大狂言共演舞台』公演の詳細は後日発表予定です。決定次第当Webサイトでもご案内の予定です。

パネル展会場イメージ
パネル展は無料ですので、お買い物のついでなどにぜひお立ち寄り下さい。
パネル展フライヤーイメージ

秋の奉納公演
開催終了

「秋の奉納公演」無事開催終了
コロナ感染防止対策万全で臨みました令和2年11月3日の「ゑんま堂狂言 秋の奉納公演」。
奉納イメージ
入場時の検温や手指消毒、3密を避けた着席でのご観覧等にご協力頂きました現地にお越し頂いたお客様、ライブ配信視聴にご協力頂きましたお客様、どちらもありがとうございました。
木の本地蔵イメージ
本公演に比べ簡素な設備ながら、内容は大変密だったと好評をいただきました。
土蜘蛛イメージ
初めての試みでしたライブ配信も、7時間あまりの11演目全てをお伝えする事ができました。
胴上げシーン
お陰様で無事催しを終える事ができました、お礼申し上げます。

秋の奉納公演
ライブ配信決定!

「秋の奉納公演」YouTubeにてライブ配信
公演当日、リアルタイムでライブ配信ができないかと準備してきましたが、なんとか実施できる見通しが立ちました。
練習時に一週間ほど、配信テストを繰り返してきました。
テスト段階では画質が悪いながらも配信には成功したとはいえ、不慣れなスタッフにて作業を行っており、3日の公演当日の本番はトラブル等でご迷惑をおかけするかもしれません。
ご覧いただく予定の方はご理解をお願いします。
11月3日はなるべく「YouTubeライブ配信」でゑんま堂狂言をお楽しみ頂きますよう案内させて頂きます。
以下のリンクからご覧頂ける予定です。
「令和2年ゑんま堂狂言秋公演」
閻魔庁イメージ
また、観覧予定人数等詳細が決定いたしましたので、以下のご案内内容を若干変更しております。
最新情報をご確認ください。

秋の奉納公演
11月3日(火)文化の日【1日のみ 雨天決行】

延期の本公演を「秋の奉納公演」として開催
コロナ禍のため延期となっていました本公演は「秋の奉納公演」として開催させて頂く予定です。
ほうらく割りイメージ
日 時  令和2年11月3日(火)文化の日
     【1日のみ 雨天決行】
     昼の部:午後1時〜
     夜の部:午後6時〜
会 場  千本ゑんま堂境内 仮設舞台
演 目  『閻魔庁』『ほうらく割り』『千人切り』等の祈願行事演目を中心に演じる予定です。
■当日の入場について
※消毒液をご用意いたします。手洗いの徹底とともに消毒液のご利用をお願いします。
※受付時に検温を実施させていただきます。
(発熱のある方のご入場はお断りする場合があります)。
※受付にて氏名と電話番号(万一の場合の連絡先)の記入をお願いします。
※境内ではマスク着用をお願いします。
※見学席は間隔をとって設置しますので、移動されない様にお願いします。
(座席数は昼公演・夜公演とも各50席限定・立ち見お断りとさせていただきます)
※混雑状況や開催者の指示に従っていただけない場合等、ご入場をお断りする場合があります。
祈願イメージ
なお、発表会当日の様子を上記の通りYouTubeにてライブ配信させて頂く予定です。
滞りなく開催できます様、ご理解とご協力をお願いします。

本公演延期のお知らせ

秋に延期を決定
2020年5月1日から4日まで予定をしていました「千本ゑんま堂狂言 本公演」は、新型コロナウイルス感染の広がりに伴い、安全を考慮し、秋に延期させて頂きます。
舞台イメージ
今後の状況により検討・判断し、日程などの詳細は10月頃に発表させて頂く予定です。
ご理解とご了承頂きます様、よろしくお願い致します。

「全員狂言」を目標に
4月1日新体制発足!

新しく役員が決まりました。
千本ゑんま堂狂言保存会は、2019年の総会において、以下の通り新役員10名が決まりましたので報告致します。
新役員について
新体制となりましても変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和2年 節分奉納狂言会
2月3日(月)開催終了しました

今年も千本ゑんま堂節分会で狂言を奉納しました。
鬼の念佛イメージ
今年はコロナウイルス発症の影響と、平日夜の公演のため、お客様のお越しを心配しましたが、多くのお客様に早くから並んでいただき、満員御礼の本堂は大変盛り上がりました。
節分にちなんで鬼の登場する演目『鬼の念佛』と『寺ゆずり』の2演目を上演。
寺ゆずりイメージ
2演目共、大きな声で笑っていただき、鬼の念佛では囃す場面でお客様からの手拍子もいただき、例年以上に盛り上がりました。
豆まきイメージ
豆まきも大きな混乱もなく楽しんで頂けました。今年の福をいっぱい持って帰って頂けた様に思います。

八幡公演 第16回 狂言へのいざない
11月23日(土・祝)開催しました

【狂言へのいざない】
11月23日、八幡市生涯学習センターでの毎年恒例の出張公演。
16年目となる今年は縁起の良い2演目『にせ地蔵』と『福釣り』を演じさせていただきました。
にせ地蔵イメージ
福釣りイメージ
例年通りの佛教大学の八木 透先生の楽しくてためになる解説、
演者との質疑応答、お客様に狂言を体験していただくコーナーなど、さまざまな企画も行いました。
挨拶イメージ
満席のお客様も、大いに笑い、楽しんで頂けたのではないでしょうか。

京都信用金庫 西陣支店様主催
「秋の西陣祭」を11月9日(土)開催しました

【お練りしました】
秋晴れの11月9日、ゑんま堂狂言は千本鞍馬口南の千本ゑんま堂から千本今出川までお練りをして歩きました。
お練りイメージ01
千本今出川の京都信用金庫 西陣支店での「西陣祭り」の演目『』と『舌切雀』に出演に衣装を着けた保存会員が、お囃子と共に練り歩きました。
お練りイメージ02
お祭りの雰囲気に、沿道のお店や通行する車の中からイッパイ声援を頂き、たくさんのカメラマンに追いかけられながら、初体験のお練りを楽しませて頂きました。
お練りイメージ03
演者から「面を付けて歩くと見えなくて怖い」との初の感想に今後の課題も持ちつつ、全体に楽しい雰囲気の中で過ごさせて頂きました。
西陣祭り会場に着くとすぐ、早くからお待ちの大勢のお客様に狂言をご覧いただきました。
京信公演舌切り雀イメージ
楽しい秋の一日を、お越し頂いたお客様とお力添え頂いた京都信用金庫 西陣支店の皆さまのお陰様で、楽しく過ごさせていただきました。
大変お世話になりありがとうございました。

ゑんま堂狂言学習会主催
「狂言親子教室発表会」11月2日(土)開催終了

今年春から月一回、保存会が指導をしてきた「ゑんま堂狂言親子教室」の発表会が11月2日(土)に催されました。
狂言親子教室発表会の様子1
衣装に着替えた子供たちが、演目『いろは』を演じ、お囃子を奏でてくれました。
狂言親子教室発表会の様子1
半年という短い学習期間でしたが、10数名の子供がそれぞれにお囃子班と演者班に分かれて練習し、成長した結果を発表してくれました。
この発表会をひとつのきっかけとして、これからもゑんま堂狂言が幅広い世代に引き継がれていく事を願っています。

ゑんま堂狂言秋の公演【今年も大津で】
10月13日開催終了しました

台風一過の快晴のもと、大津市伝統芸能会館で「ゑんま堂狂言大津公演」を催しました。
大津公演木の本地蔵
台風の影響で朝まで交通機関が止まっていたため、無事お客様が来られるか心配しましたが、昨年同様100名以上のお客様にお越し頂き、舞台を務める事ができました。
今年は嵯峨狂言さんをゲストにお迎えし、ふたつの土蜘蛛を競演させて頂きました。
大津公演嵯峨土蜘蛛1
嵯峨狂言の土蜘蛛▲▼
大津公演嵯峨土蜘蛛2

大津公演えんま堂土蜘蛛1
ゑんま堂狂言の土蜘蛛▲▼
大津公演えんま堂土蜘蛛2
お陰様で「無言と有言の違いが分かって面白かった。」など数々のご意見を頂きました。
お越し頂きました皆さま、ありがとうございました。

当日は45名のお客様からアンケートに回答をいただきました、ありがとうございました。
内容の一部を紹介させていただきます。
アンケート結果
いただきましたご意見を参考に、より一層皆様にお楽しみいただける企画を考えていきます。2020年度の秋の大津公演をお楽しみに。

過去の公演

京都信用金庫西陣支店
夏の催しに出演

8月3日(土)午後より、この春リニューアルオープンされた京都信用金庫西陣支店の夏の催しに出演させて頂く事になりました
京都信用金庫西陣支店外観
内容は
13:00~ 嵯峨子供狂言『橋弁慶
13:45~ 狂言解説(嵯峨 加納事務長)
14:30~ ゑんま堂狂言『いろは
14:50~ ゑんま堂狂言『でんでん虫
となっています。
会場はゑんま堂のすぐ近く、京都信用金庫西陣支店(京都市上京区千本今出川上る)です。
新しい建物の2階のホールで、嵯峨狂言の子供たちと一緒に演じさせて頂きます。
入場は無料です。
夏の狂言をお楽しみ下さい、多くのお越しをお待ちしています。

五月本公演イメージ

五月本公演

5月1日(水)

夜の部:PM7:00〜

5月2日(木)

新元号特別記念公演
昼の部
PM1:00〜

夜の部:PM6:00〜

5月3日(金)

昼の部:PM1:00〜
夜の部:PM6:00〜

5月4日(土)

昼の部:PM1:00〜
夜の部:PM6:00〜

観覧無料

全日程終了しました!
令和元年の千本ゑんま堂狂言

令和初のゑんま堂狂言本公演無事終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。
大塚カメラマンから「4日目速報画像アルバム」が届きました。
今年のゑんま堂狂言も最終日を迎えました。
連日お天気にも恵まれ、たくさんのお客様に来ていただけました。
最終日も10演目、たっぷり笑って楽しんでください!
最終演目はカラス役以外の演者全員が面を付けないで演じる『千人切り』です。
子供から大人、女性まで保存会員ほぼ全員が舞台に上がり「一発芸」的なネタを披露。演者それぞれのお笑いを楽しんでいただけます。最後までご覧いただくことをオススメします。
日中は暑く、夜間は冷え込むことが予想されます。くれぐれも体調管理をなさってご鑑賞ください。(2019年5月4日 記)

大塚カメラマンから「3日目速報画像アルバム」が届きました。
今年の本公演2日目は話題い~っぱいの一日でした。
今年限定の昼公演は、各演目のいろんな所に新元号の「令和」が登場するお祝い公演。
親子狂言学習会の子供さんも参加した『舌切雀』。
そして、新しい顔出しパネルが登場しました。
鬼の念佛顔出しパネル
今回は「鬼の念佛」パネル。
保存会メンバーのひとりの力作です。
狂言鑑賞記念に、イイ顔の一枚を撮ってくださいね。(2019年5月3日 記)

大塚カメラマンから「2日目速報画像アルバム」が届きました。
初日の5月1日夜公演は、少し寒かったにもかかわらず、座席はほぼ満席のお客様にご覧いただき、復活演目『木の本地蔵(きのもとじぞう)』ほか全4演目を楽しんでいただきました。(2019年5月2日 記)
大塚カメラマンから「速報画像アルバム」が届きました。
時代は令和となりました。その初日に公演を迎えられることを保存会一同うれしく、また同時に身の引き締まる思いです。
5月1日は午後7時から、2日〜4日までは午後1時からと6時からの7公演あります。
今年の話題のひとつめは、『木の本地蔵(きのもとじぞう)』復活。落語などでおなじみの三方一両損をテーマにした演目です。使用する地蔵頭巾や小判の準備もできました。古い台本を元に今年復活しました。1日と3日の夜に公演します。
ふたつめの話題は「新元号 令和記念公演」。例年、5月2日は夜の公演だけでしたが、令和を記念して昼公演を追加といたします。…ということで、2日は今年だけ午後1時からと6時からの公演になります。昼公演では上演中、色んなところに「令和」が登場します。
公演期間の4日間ともお天気が良さそうでひと安心です。
たくさんのお越しをお待ちしています。

※当日は駐車スペースはございません。公共交通機関をご利用ください。
ゑんま堂へのアクセスはこちら >

注意事項

■雨天決行(小雨野外決行、荒天時は本堂にて開催・現場で対応発表します)

■座席数は300席ほどご用意いたしております(満席の場合は立ち見となります)

  • ●天変地異や出演者の体調等の都合により出演者および観客の安全を最優先とし、スケジュールは予告無く変更になる可能性がございます。
  • ●公演時の写真撮影・録画・録音はご自由に行えますが、フラッシュを使用しての撮影、スマホを頭上にあげての撮影等、他の観覧者の妨げになる行為等の迷惑行為はご遠慮ください。
  • ●公演は長時間に渡って行われます。寒暖の差や天候の影響その他による体調不良にはお気をつけください(水分補給等、体調管理はご自身で行っていただけますようお願いいたします)。
  • ●会場内でのスマホや携帯電話での通話はご遠慮ください。
  • ●会場内にて発生した盗難、ならびにご本人または第三者の不注意等による事故、その他の物的および人的事故等については、理由の如何を問わず、当保存会は一切の責を負いません。
  • ●会場内にて、公演に支障をきたす行為、他のお客様に迷惑をかけるような行為、または違法行為と当保存会(出演者含みます)が判断した場合は、ご観覧をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。
  • ●出演者、演目や内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
  • ●当保存会またはメディア取材による記録・広報等のため、講演中の写真撮影・録画・録音・オンライン配信等を行う場合がございますので、予めご了承ください。

令和元年(2019年)
ゑんま堂狂言五月本公演 番組予定
5/1
(水・祝)
夜の部
19:00〜
えんま庁
神崎渡し
本年復活演目
木の本地蔵
土蜘蛛
5/2
(木・祝)
新元号
〈令和〉
特別記念公演
昼の部
13:00〜
えんま庁
舌切雀
でんでん虫
いろは
鬼の念佛
与平狐
夜の部
18:00〜
花盗人
寺ゆずり
悪太郎
船弁慶
5/3
(金・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
二人大名
伯母ヶ酒
神崎渡し
福釣り
土蜘蛛
夜の部
18:00〜
芋汁
靭猿
いろは
本年復活演目
木の本地蔵
炮烙割り
5/4
(土・祝)
昼の部
13:00〜
えんま庁
舌切雀
伯母ヶ酒
末廣
にせ地蔵
紅葉狩り
夜の部
18:00〜
二人大名
牡丹獅子
道成寺
千人切り

あなたの声を
お聞かせください!

ゑんま堂狂言本公演では毎年、今後のゑんま堂狂言公演の運営と内容の改善のご参考にさせていただくため、ご観覧いただいた方にアンケートを実施いたしております。
アンケートイメージ
会場でお配りするアンケート用紙の他、本年度からWebでのアンケートも行います。
Webアンケートは会場でお配りする番組表に記載のQRコードからカンタンにアクセスいただけます!
また、今年からはお名前とご住所をご記入のうえご回答いただいた方の中から抽選で10名様にステキな狂言関連グッズをプレゼント! (当選の発表は発送に代えさせて頂きます)
また、アンケートの集計結果はこちらのサイトでお知らせいたします。
ぜひ、アンケートに率直なご意見・ご要望をお聞かせくださいますようお願いいたします。
※お預かりした氏名・住所等の個人情報はアンケート収集・プレゼント発送以外の目的には使用いたしません。

鞍馬寺公演イメージ

鞍馬寺花供養公演

2019年
4月7日(日)
PM1:30〜
開催終了しました

舌切雀』『神崎渡し

観覧無料(要:入山料)

今年も鞍馬寺さんの花供養に
出演させて頂きます!

鞍馬寺さんでは、10年以上前から春の花供養/花会式で毎年狂言を奉納させて頂いていますが、昨年9月の台風でお山全体が大変な被害に遭われました。
ニュースでも伝えられました様に、火祭りも中止になりました。
そのため今年の公演はあきらめていましたが、多大な努力で復興され、恒例の花供養は開催したいとのお気持ちでお声かけ頂き、出演させて頂ける事になりました。
私たちもお山のパワーを頂いて、地元の子供たちと一緒に元気な舞台を努めさせていただきます。
台風で止まっていた叡山電鉄も鞍馬山ケーブルカーも動いています。
鞍馬寺桜イメージ
平成最後のゑんま堂狂言鞍馬公演は、
4月7日午後1時半から鞍馬山の拝殿にて(入山料が必要です。山上まで約30分です。)
演目は地元の子供たちも出演する『舌切雀』と、若いお坊さんが元気に動き回る『神崎渡し』の2演目です。
ことしは少し早く春の芽吹きが見られそうです。鞍馬の桜とゑんま堂狂言をお楽しみください。